« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の6件の記事

2005年7月19日 (火)

広島戦 雑感

 浦和2-0広島

 久しぶりのスタジアム。
 アウェイ寄りのSBだったんだけど、コールに合わせて手が動いて、ついでに声も出ている方が結構多かった。みんなの願いはただひとつだったのね。結果的にとても一体感のあるスタジアムが出来上がっていたように思う。
 35,000人程度の入りはちょっと少ないと思うけど、普段ほとんど参戦できないぼくが言うようなことじゃないな。

 試合は、もうご覧の通り。
 前2節で不甲斐ない負け方をした浦和が、気力を見せてくれた。
 ピッチをワイドに、ボールと人が縦横に動いて、最後の最後までボールを追いかける姿勢は感動的ですらあった。
 前節、ぼくは試合を見ていないけれど、球際の執着心がどうとか言われていたように思う。この試合、球際の執着心は本当に凄いものがあった。

 マンオブザマッチは闘莉王でしょうか。
 ヘディングゴールを間近で見せてくれてありがとう。
 それだけでなく、守りも完璧だった。空中戦では絶対負けず、見事な読みからインターセプトも数知れず。何より、戦う姿勢がチームに大きな影響を与えていたように思う。

 攻撃も守りもとても良かったが、修正点もかなりありそう。
 例えば平川が右サイドをえぐったとき、中を見るとニアががら空きで、ファーサイドにあろうことか、3人タテに並んでいたなんてこともあり、かなりチグハグだった。
 永井はどうしても下がる傾向にあり、それに気がついた長谷部に何度か前に動くように指示されていた。
 前線3人の微妙な距離感が、アウンの呼吸で整えば、更に上昇気流に乗れるだろう。

 最後にアレックスについて。
 昨日のアレックスはすばらしかった。
 確かに、運動量は少ないし、守備をサボることもある。でも、達也と交わした見事なワンツーといい、闘莉王のヘッドを生み出した見事なフリーキックといい、後半度々見せた長いサイドチェンジパスといい、アレならではのパフォーマンスだった。
 昨日のアレックスに文句を言う人は、彼に何を期待しているのだろうか?
 確かにもっとできる男だとは思うが、ちょっと高望みし過ぎちゃいないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

とりあえずがんばれや、エメ

 エメルソンの移籍がクラブから正式に発表された。
 ほとんど決まりだったものを、いろんな理由で発表を先延ばししていたのでしょう。移籍金も相当額取れたようだし、仕方ない。

 アルパイの後ろ髪引く別れと比べると、やっぱり悪童は悪童ということかな。
 一説によると年俸15億程度のオファーらしいし。実際、今年の春に同じチームからオファーがあったときは、移籍金10億に年俸15億だった。

 でもね、浦和を出た選手が口を揃えて言うように、「浦和の良さは出て初めてわかる」のだよ。
 カタールだろうが、どこだろうが同じだと思うぞ。あ、リセットみたいなヤツは別ね。

 サポに挨拶無しってのが腹立たしいが、形式的には間違い無い手順で移籍を完了したんだから、とりあえず成功を祈っておこう、と思う。

 ま、エメ、がんばれや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エメルソン移籍!?

 つらつらと浦議を眺めていたら、「エメルソン、カタールへ移籍」のスレが…。
 リンクをたどると、移籍先のクラブ首脳と仲良く写った写真が何枚も…。
 いつかは出て行く男だと思ってはいたが、こんな形になるとは…。

 浦和から正式な発表がないので、なんとも言いようがないんだけど、一番に頭に浮かぶのは二重契約じゃないかということ。
 更に先を考えると、先週、代理人テオ氏をブラジルに派遣したというニュースが流れていたので、テオ氏にクラブがなんらかの言質を与えていたのではないかということ。こちらから条件を提示して、それをクリアしたら移籍を認めるとか、なんだとか。移籍証明書についてもそれに準じるのではないかと…。

 どっちにしろ、クラブからの正式発表を待ちたい。
 いろんなことが頭の中でグルグル回っている。

 一応、貼っとこう。
 http://sports.yahoo.com/sow/photo?slug=doh10107102151.qatar_soccer_doh101&prov=ap
 http://sports.yahoo.com/sow/photo?slug=doh10207102147.qatar_soccer_doh102&prov=ap
 http://sports.yahoo.com/sow/photo?slug=doh10407102145.qatar_soccer_doh104&prov=ap

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005年7月 9日 (土)

弁当の呪い

 たった今、定期の通院から帰宅した。
 元々は痛風の通院なんだけど、最近はいろんなところが悪いので、顔なじみになった整形外科の医師にあらゆる薬を処方してもらっている。
 今日の薬は、ザイロリック120錠(痛風、朝夕各1錠)、カフェルゴット30錠(偏頭痛、疼痛時30分おきに1錠、一日6錠まで)、ミオナール90錠(筋緊張性頭痛、朝昼夕各1錠)、ボルタレン42錠(痛風・筋緊張性頭痛、痛みに応じて)、ウルグート42錠(胃炎、ボルタレンは胃を荒らすので)、といったところ。

 今日こそ埼玉スタジアムへ行きたかったが、頭痛がひどいので休ませてもらいます…。
 来週はSB席を仕入れ済み。久しぶりの埼スタが楽しみでしょうがない。今日行きたかったが…。パルミジャーノカレーを楽しみにしていた長男に恨まれてしまった。

 ところで、Yahoo!のトピックスにまで掲載されちゃったね、エメの移籍話。
 改めて、「弁当の呪い」
 なんだ、もうエメが掲載されてるじゃないか…。ヲイヲイ…
 細かいけど、「~エメルソンは日本へ来日せず。」という文章はまずいよ。

 しかし…、しかし、もっとやり方があるだろう>エメ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 8日 (金)

東京V戦 TV観戦雑感

 東京V0-7浦和

 明日ダービーを控えて、今更ヴェルディ戦もないもんだが、昨夜ビデオで見たのでちょっとだけ。
 忘れちゃならないのは、浦和の攻撃が良かったのはもちろんだけど、ヴェルディのディフェンスがザル以下だったこと。明日の大宮戦で真価が問われる。

 アレがあちこちで叩かれているようだけど、ぼくはそれほどひどかったとは思わない。
 確かに相変わらず視野が狭い上に、無理な突破を図ろうとするシーンも多いし、湯浅さん流に言えばアリバイディフェンス臭いシーンも多いけど、攻撃に関してはかなり貢献してくれていると思う。後半出てきた西谷と比べれば差は歴然としていた。

 7得点の中で一番気に入ったのは、達也の得点。
 元々達也が好きなせいもあるかもしれないけど、あの高速ドリブル、すばらしいタイミングでの飛び出し、キーパーをかわしたあとバランスを崩しながらも立て直して蹴りこんだ姿に感動した。

 次が永井の得点。
 いつの間にあんなに強いフォワードになったんだろう。痺れましたよ。
 でも、永井はもっとできる。もっともっと得点できるはずだ。頼みます、永井様。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 4日 (月)

新潟戦 TV観戦雑感

 浦和2-1新潟

 場合によっては10人近くが自陣でガチガチに守る新潟に対して、突破の意志を明確に打ち出して攻め、そして逆転した。今期初めての逆転勝利。
 守りを固められてしまうと打つ手がなくなってしまうのは昨年からの課題で、今回の新潟だけでなく、極端な引きこもりサッカーに手を焼いてきただけに、彼我の力の差以上に浦和にとっては大きな勝利だったと思う。

 言われ続けたのが、人とボールを早く効率よく動かし、大きなサイドチェンジを行うなど効果的なサイド攻撃をするとか、ワンタッチツータッチでボールを前に運ぶとか、特にペナルティエリア内でのシンプル且つ組織的なパス交換で崩すとか、相手DFを引きずり出すためにミドルシュートを打つとか。
 昨日の試合ではスリッピーなピッチコンデションも選手の計算に入っていたと思うが、ミドルシュートを良く打って、結果的にそのひとつが決まって溜飲を下げることができた。

 サイド攻撃に関しても、ポンポンと無作為にセンタリング上げるばかりでなく、工夫が随所に見られてとても良かった。
 逆転弾もこんなサイド攻撃から生まれた。
 長谷部からの低く鋭いセンタリングもすばらしかったが、ドンピシャのタイミングで合わせ、狙い済ましてニアをこじ開けた達也はすばらしかった。

 エメがまったく計算できない今、最も期待するのは永井だ。
 しかし、どうもイマイチなように思えてしまった。本来のFWの位置に戻って、水を得た魚のようにプレーするかと思ったら、なんというか奥歯に物のはさまったようなプレーが随所に見えてしまった。
 平川のハッスルプレーが、大いなる期待を抱かせてくれたように、永井は今がチャンスなのだ。発奮して欲しい。別に昨日のプレーが悪かったとは思わないが、永井ならもっとできると思ってしまうのだ。
 そうなったとき、ギドの目算が現実のものとなるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »