« アルパイ | トップページ | 東京V戦 TV観戦雑感 »

2005年7月 4日 (月)

新潟戦 TV観戦雑感

 浦和2-1新潟

 場合によっては10人近くが自陣でガチガチに守る新潟に対して、突破の意志を明確に打ち出して攻め、そして逆転した。今期初めての逆転勝利。
 守りを固められてしまうと打つ手がなくなってしまうのは昨年からの課題で、今回の新潟だけでなく、極端な引きこもりサッカーに手を焼いてきただけに、彼我の力の差以上に浦和にとっては大きな勝利だったと思う。

 言われ続けたのが、人とボールを早く効率よく動かし、大きなサイドチェンジを行うなど効果的なサイド攻撃をするとか、ワンタッチツータッチでボールを前に運ぶとか、特にペナルティエリア内でのシンプル且つ組織的なパス交換で崩すとか、相手DFを引きずり出すためにミドルシュートを打つとか。
 昨日の試合ではスリッピーなピッチコンデションも選手の計算に入っていたと思うが、ミドルシュートを良く打って、結果的にそのひとつが決まって溜飲を下げることができた。

 サイド攻撃に関しても、ポンポンと無作為にセンタリング上げるばかりでなく、工夫が随所に見られてとても良かった。
 逆転弾もこんなサイド攻撃から生まれた。
 長谷部からの低く鋭いセンタリングもすばらしかったが、ドンピシャのタイミングで合わせ、狙い済ましてニアをこじ開けた達也はすばらしかった。

 エメがまったく計算できない今、最も期待するのは永井だ。
 しかし、どうもイマイチなように思えてしまった。本来のFWの位置に戻って、水を得た魚のようにプレーするかと思ったら、なんというか奥歯に物のはさまったようなプレーが随所に見えてしまった。
 平川のハッスルプレーが、大いなる期待を抱かせてくれたように、永井は今がチャンスなのだ。発奮して欲しい。別に昨日のプレーが悪かったとは思わないが、永井ならもっとできると思ってしまうのだ。
 そうなったとき、ギドの目算が現実のものとなるような気がする。

|

« アルパイ | トップページ | 東京V戦 TV観戦雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟戦 TV観戦雑感:

« アルパイ | トップページ | 東京V戦 TV観戦雑感 »