« 枕詞は「女子高生」 | トップページ | 福永の二の腕 »

2005年8月21日 (日)

FC東京戦 TV観戦雑感

 浦和2-1FC東京

 新外国人選手ポンテに尽きる。
 永井の同点ゴールを演出した、あのスルーパスに鳥肌が立った。すばらしい。
 体勢を崩しながら、あんなところに蹴り出せる視野の広さ。フィジカルはそれほど強くなさそうだが、正確なトラップ、キック、ファイト、どれを取っても文句のつけようがない。

 トドメは後半の勝ち越しシュート。
 キーパーの動きをよくみて、狙いすまして、ゴール右隅に蹴りこんだ。芸術的シュートだった。
 直線的で剛のエメとは簡単に比較はできないが、柔のポンテは、もしかしたら、監督としてはエメの数倍使いやすいのではなかろうか。
 バイン以来、久しく出会うことのなかった本物のトップ下がやって来てくれた。怪我にさえ気をつければ、歴代NO.1のMF間違い無しでしょう。いやそれどころか、Jにやって来た外国人選手でも指折りかも。藤田に高額出費しなかった理由がやっとわかった。

 さて、もう一人の新加入外国人選手、マリッチ。
 ポストはそれなりにこなしていたと思う。が、周囲との連携がいまひとつで、なかなか思ったような動きなできないように見えた。特に、ヘディングの場面で、闘莉王と被ったシーンが象徴的だった。しかも、強いはずのヘディングがまったく競り勝てない。コンディションの問題と思うしかない。
 ポンテとは息があっているように見えたので、コンディションが整って、他の選手がマリッチの動きを理解してくれば、そこそこやってくれそうな気はする。

 難敵FC東京を相手に、なんとか勝ち点3を取ることができた。
 ゲーム開始早々、不用意なミスで失点してしまい、どうなることかと思ったが、それから後は見事に修正することができた。
 しかし、相手がお得意の3トップに変更した以降の対応はなってなかった。
 いつもなら、山田がDFラインに下がって4バック気味に対応するのだが、平川まで下がってしまい、ときにはアレまで下がって、中盤がスカスカになってことごとくボールを奪われてしまう最悪の展開だった。

 でもね、最後までFC東京を守りきったことが大事なのだ。
 集中力が切れたようなシーンが何度かあったが、あの暑さであれだけタフなゲームを戦ったんだから、あまり厳しいことは言いたくない。
 もちろん、優勝を狙うチームだからこそ、の気持ちはわかるが。

 ともかく、妄想がとまらないのです。あの中に、達也が入ったらどうなるのか、どうなってしまうのか。
 ポストのマリッチの周りを達也が走り回る。マリッチが落としたボールを達也が拾って、ポンテとワンツー。あっという間に、キーパーと一対一、なんて場面に何度も出会えそう。
 ポンテが入ることによって、中盤の選手が前に進出してくる場面が増えたようにも思うので、もっともっとぼくらの創造を超えたシーンが続出するのではないか、なんて。

 これから、水曜開催があり、ナビスコの準決勝もあり、暑い最中にきついスケジュールで進む。
 たいへんだとは思うが、ガンバと鹿島が負けてトップとの差は縮まっている。がんばって欲しい。怪我だけは気をつけて。

|

« 枕詞は「女子高生」 | トップページ | 福永の二の腕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FC東京戦 TV観戦雑感:

« 枕詞は「女子高生」 | トップページ | 福永の二の腕 »