« FC東京戦 TV観戦雑感 | トップページ | 大分戦 雑感 »

2005年8月27日 (土)

福永の二の腕

 引き分けた神戸戦は、やっぱり浦和にとっては星を落としたことになるだろう。いくら、最後の最後で追いついたと言っても。
 浦議あたりを見ると、特定の数人に批判が集中している。
 まあ、それはいつものことで、気持ちはわからなくもないが、「○○がいらない」と極論してしまう幼稚な発想にはついていけない。
 そういうわけで、自分の中では、浦議は反面教師として機能している。そういう人は多いだろうな。

 さて、今日は鬼門の瑞穂。
 こんな日に休日出勤で、有料放送にも加入していないのでテレビ観戦もできない。
 何度かはいぱさんの実況を聴こうと試行錯誤したことがあるんだけど、どうやっても聴けないので、今日もどこかの実況板で見るしかなさそう。

 GGRの先発予想には、達也が入っていなかった。全面的に賛成。無理をさせちゃいけない。ベンチには入るようだが、無理させないでくれ。
 でも、妄想しちゃうんだよね。今のレッズに達也が入ったらどうなるか。
 達也が復帰したら、外れるのが永井じゃ納得できないでしょう。連続ゴールを決めているわけだし。で、マリッチを外してしまうと、見たい組み合わせが実現しない。ジレンマだよねぇ。

 ところで、GGR。
 終わっても福永の二の腕が頭から離れない。もう、気になって気になって。
 半そでシャツを今にも破りそうな、パンパンぴちぴちな二の腕の筋肉の立派なこと。隣の水内とはエライ違いだった。最近は、ああいうのが流行なの? あ、そっちの趣味はありませんので。念のため。

|

« FC東京戦 TV観戦雑感 | トップページ | 大分戦 雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福永の二の腕:

« FC東京戦 TV観戦雑感 | トップページ | 大分戦 雑感 »