« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年11月の1件の記事

2005年11月26日 (土)

元気そうだったね、達也

 浦和1-0磐田

 場内一周のとき、テレビ画面に達也の顔がちょっとだけ映った。元気な姿を見ることができてとても嬉しい。あのワンショットで、どれだけの浦和サポが安心したことだろう。もう、だいぶ快復しているようで、松葉杖を使っているようには見えなかった。(注:埼玉スタジアムへ行ったサポに聞いたら、松葉杖をついていたそうです。)
 焦らず、じっくり直してくれ。

 離脱して以降の戦いぶりは、浦和にとってどれだけ達也の存在が重要であるかを知らされる毎日だった。
 いつだったか、福田正博さんに「浦和の前線には早い選手がいませんからね」と言われる始末。スルーパスが出るたび、スルーパスのチャンスが見えるたび、達也だったら達也がいれば、と思い続けてきた。
 復活を待っている。

 前節精彩を欠いて非難を浴びた(との噂の)山田暢久の男気を見たような気がする。相変わらず、判断が遅くて、視野も狭いんだけど、動き回って積極的に前に出て行く姿勢は良かった。
 しかし、もっと出来るよね、暢久は。シュートレンジに入ったら、躊躇わずシュートを打つ。今日だって、ボールを上げたから、オウンゴールを呼び込んだのだから。

 ここに来て、厳しい試合が続いている。
 優勝争い残留争いがここまでもつれるとは思わなかった。Jリーグ的にはホクホクでしょうね。
 セレッソ大阪を見ると、結局、長丁場の戦い方を心得た監督の采配が大きな要因になるということだろうか。

 来週は最終節。
 浦和を含めて5チームに優勝の可能性が残る。
 ここ一番をことごとく落としてきたヨレヨレ浦和は、とにかくわき目も振らず目の前の新潟を倒すことだけを考えよう。全力を出し切って勝利あるのみだ。結果はあとからついてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »