« 元気そうだったね、達也 | トップページ | 堀之内 »

2006年1月 2日 (月)

さよなら、マリッチ

 天皇杯決勝 浦和2-1清水

 おかしな感じだった。三菱時代なんて知らない。浦和は、天皇杯優勝どころか決勝戦まで残ったのも初めてだったのだ。未知の正月体験。

 試合内容は良くなかった。決勝に「慣れ」なんてない。選手の動きが硬くて、幾度と無くゴールを脅かされる。
 それでも、勝ってしまった。運が良かったんだろうか? 清水にツキが無かったんだろうか? 
 そうかな。浦和には、相手の攻撃を受け止めて、そして跳ね返す強さがあった。ミスの連続だったけど、大事なところでゲームをコントロールできた。ギドの言う、勝者のメンタリティ?

 2005年、いろんなことがあった。
 一緒にテレビを観ていたカミさんが言った。「エメルソンも居れば良かったのにね」
 山瀬も移籍しないで、達也もネネも内舘も平川もみんな元気だったら、全然別のチームになっていたことだろう。天皇杯を取れただろうか?
 万感渦巻く。涙。

 今年は、みんな復帰して、熾烈なレギュラー争いが始まる。
 その争いに、天皇杯で大活躍したマリッチが加われないのは残念だ。本当にサムライだった。ギドの言葉を借りるまでもなく、天皇杯はマリッチのお陰で優勝することができた。この半年間のマリッチの姿は一生忘れない。

 マリッチは、今日早朝クラブハウスで挨拶をして、すでに帰国の途についたらしい。写真つきでレポートしてくれたみなさん、ありがとう。

|

« 元気そうだったね、達也 | トップページ | 堀之内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、マリッチ:

» 「アリガトウ・ゴザイマシタ。」 [RYAN ROAD]
短い間だったけど、本当にありがとうトミー。 昨日、早朝7時に帰国したトミー・マリッチが大原グランドに立ち寄りました。 オフォシャルサイトによりと約500人のサポーターが集まったらしい。 清尾さんによるサポーター全員との記念撮影もあり(これには参加したか....... [続きを読む]

受信: 2006年1月 3日 (火) 08時10分

« 元気そうだったね、達也 | トップページ | 堀之内 »