« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の2件の記事

2006年6月13日 (火)

オーストラリア戦

 坪井が重症じゃなくて本当に良かった。ホッとしています。


 それにしても、勝てた試合だった、よね?

 交代で伸二が出てくる? とのアナウンスに耳を疑った。
 「中村俊輔と交代じゃないの?」「え? だったら稲本か遠藤だろ?」 一緒に観戦していた長男とそんな会話を交わした。結局、伸二と交代したのは、柳沢だった…。
 相手はでかくてフレッシュなFWが次々と出てくるのに、こっちはあんまり守備を得意としない伸二が……。

 負傷した坪井で交代枠をひとつ使ってしまったのは不運だったが、まだ枠はふたつあった。後半開始早々から長男と話していたのが、中村→稲本&高原→玉田だった。
 DFは俄かに召集された茂庭が出てくるほど手薄なのに、FWは何故かスピードが売りの玉田と大黒を温存(大黒は終了直前に出た)しているという不可解さ。
 後半早々にカウンターが一発決まっていれば、別の結果になったんじゃないかな。

 選手のコンディションも相当悪かったと見た。良い例が坪井。後半開始早々に両足が攣るなんてありえない。中村も駒野も高原もアレもどこか重そうだった。調整失敗でしょう。

 それにしても、それにしても…、何度でも言ってやるけど、あそこに闘莉王と松田がいれば……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

少しずつW杯モード

 浦和の試合のレポートも無いのに、サッカー専門誌を読んでみたり(それも二誌)、エルゴラッソを続けて買ってみたり、徐々にワールドカップモードになってきた。
 巷じゃ、ドイツ相手に良い戦いをして引き分けちゃったもんだから大騒ぎである。

 なんとか同点に持ち込むあたりは腐ってもドイツなんだけど、あの試合を観て日本のグループリーグ突破は本当に難しいと思った。
 高さが足りないのは明白で、メディアもそのあたりを盛んに指摘している。

 でも、待てよ。あの試合は高さにやられたんじゃないでしょう。
 一失点目は、クローゼのマークについていた宮本があっさり振り切られた。低いクロスだった。
 二失点目は、ドイツの7番にフリーでヘディングさせてしまった。7番は確か身長181cmだ。直前に選手交代もあって、マークが乱れたのかもしれないが、飛び込んでくる選手を捕まえるのが下手なのは、昔からの悪癖だったように思う。

 もちろん、それまで高さに翻弄されて、守備が乱れたもの遠因かもしれない。
 でも、そればかりじゃない。2点のリードを守れないメンタル面こそ問題だった。監督の采配にも問題があったんじゃないか? あそこは守りを固めるべきだろう。まったく良いところが無かったアレを下げて中田(浩)を入れるとか。
 この脆いメンタル面と采配に加えて、当然高さの問題もある。厳しいよね。
 闘莉王がいれば、横浜の松田がいれば、と思ったのはぼくだけじゃないだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »