« 赤きサムライ~マリッチ | トップページ | オーストラリア戦 »

2006年6月 2日 (金)

少しずつW杯モード

 浦和の試合のレポートも無いのに、サッカー専門誌を読んでみたり(それも二誌)、エルゴラッソを続けて買ってみたり、徐々にワールドカップモードになってきた。
 巷じゃ、ドイツ相手に良い戦いをして引き分けちゃったもんだから大騒ぎである。

 なんとか同点に持ち込むあたりは腐ってもドイツなんだけど、あの試合を観て日本のグループリーグ突破は本当に難しいと思った。
 高さが足りないのは明白で、メディアもそのあたりを盛んに指摘している。

 でも、待てよ。あの試合は高さにやられたんじゃないでしょう。
 一失点目は、クローゼのマークについていた宮本があっさり振り切られた。低いクロスだった。
 二失点目は、ドイツの7番にフリーでヘディングさせてしまった。7番は確か身長181cmだ。直前に選手交代もあって、マークが乱れたのかもしれないが、飛び込んでくる選手を捕まえるのが下手なのは、昔からの悪癖だったように思う。

 もちろん、それまで高さに翻弄されて、守備が乱れたもの遠因かもしれない。
 でも、そればかりじゃない。2点のリードを守れないメンタル面こそ問題だった。監督の采配にも問題があったんじゃないか? あそこは守りを固めるべきだろう。まったく良いところが無かったアレを下げて中田(浩)を入れるとか。
 この脆いメンタル面と采配に加えて、当然高さの問題もある。厳しいよね。
 闘莉王がいれば、横浜の松田がいれば、と思ったのはぼくだけじゃないだろうな。

|

« 赤きサムライ~マリッチ | トップページ | オーストラリア戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少しずつW杯モード:

« 赤きサムライ~マリッチ | トップページ | オーストラリア戦 »