« 少しずつW杯モード | トップページ | 達也復活 »

2006年6月13日 (火)

オーストラリア戦

 坪井が重症じゃなくて本当に良かった。ホッとしています。


 それにしても、勝てた試合だった、よね?

 交代で伸二が出てくる? とのアナウンスに耳を疑った。
 「中村俊輔と交代じゃないの?」「え? だったら稲本か遠藤だろ?」 一緒に観戦していた長男とそんな会話を交わした。結局、伸二と交代したのは、柳沢だった…。
 相手はでかくてフレッシュなFWが次々と出てくるのに、こっちはあんまり守備を得意としない伸二が……。

 負傷した坪井で交代枠をひとつ使ってしまったのは不運だったが、まだ枠はふたつあった。後半開始早々から長男と話していたのが、中村→稲本&高原→玉田だった。
 DFは俄かに召集された茂庭が出てくるほど手薄なのに、FWは何故かスピードが売りの玉田と大黒を温存(大黒は終了直前に出た)しているという不可解さ。
 後半早々にカウンターが一発決まっていれば、別の結果になったんじゃないかな。

 選手のコンディションも相当悪かったと見た。良い例が坪井。後半開始早々に両足が攣るなんてありえない。中村も駒野も高原もアレもどこか重そうだった。調整失敗でしょう。

 それにしても、それにしても…、何度でも言ってやるけど、あそこに闘莉王と松田がいれば……。

|

« 少しずつW杯モード | トップページ | 達也復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア戦:

« 少しずつW杯モード | トップページ | 達也復活 »