« TV観戦 アジアカップ カタール戦 | トップページ | 達也不在時になぜできなかったか »

2007年7月12日 (木)

20歳からの数年間に何が変わるのか?

 カナダで開催されているU20ワールドカップで、見事決勝トーナメントに勝ち進んだ日本代表が、今日一回戦でチェコに負けてしまった。

 前半は圧倒的にボールを支配して早々に得点し、1-0で前半を終了。後半にPKをもらって2-0になった。が、終了間際にPK二つを与えてしまい、延長へ。延長でも決着がつかず、PK戦にもつれ込むも、敗れ去ってしまった。観てきたようなことは書けないが、こんな感じだったらしい。報復で退場が出たりと荒れた試合だったようだ。

 恥ずかしいことに、監督の吉田靖さんに覚えがなかった。浦和サポとしては本当に恥ずかしい限り。聞けば、あのJ2落ちが決定してしまった年の天皇杯の期間だけ浦和レッズの監督をした方とのこと。そういえばいらっしゃったような…。地味な印象しかないが…。今回のチームは、U18からずっと見ているチームらしいから、育成能力に相当長けた方なのだろうか。こんな人材がいらっしゃったのですね。

 伸二の世代もすごかったけど、この世代も将来が楽しみだ。しかし、残念なことに…、本当に残念なことに浦和レッズの選手がいない。堤が名を連ねていた時期もあったが、本大会は呼ばれなかった。残念だ。吉田さんに浦和に戻ってきていただいて、若い世代を見ていただこう、なんてことを考えちゃいけないのかな?

 しかし、こうしてチェコあたりと互角に渡り合うユース代表を見ていると、どうしてもイマイチのフル代表を思い浮かべてしまう。一流国と互角の20歳からの数年で、どうしてあれだけの差がついてしまうのだろう。フル代表になるまでにどこでどう違って彼我の差が出るのか、考え込んでしまう。

 こういうことを書くと、欧米の一流国はユースに力を入れていないからとか、資金が潤沢でない国はユースに力を裂けないからとか訳知り顔でおっしゃる方がいる。そういうことではないのです。代表を背負って試合に臨むのだから、そんなことは関係ないのだ。過程はどうあれ、ピッチの上の真剣勝負で力が出せるかどうかなのだ。

|

« TV観戦 アジアカップ カタール戦 | トップページ | 達也不在時になぜできなかったか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20歳からの数年間に何が変わるのか?:

« TV観戦 アジアカップ カタール戦 | トップページ | 達也不在時になぜできなかったか »