« TV観戦 アジアカップ UAE戦 | トップページ | TV観戦 アジアカップ ベトナム戦 »

2007年7月15日 (日)

ネガティブキャンペーン

 G大阪5-2浦和

 浦議を見るとネガティブキャンペーンのオンパレードだ。
 交代が遅い、若手が成長していない、若手を使わない、戦術が浸透していない、戦術の練習をしていないんじゃないか、攻撃が遅くて無駄なパス回しが多いのは監督がまともな指示を出していないから、選手とコミュニケーションが取れていない、弱気……(ry)。

 これだけじゃなくて、ちょっと書けない目を覆うような罵詈雑言ネガティブキャンペーンが、イナゴのように湧いて出ている。挙句、「西野は選手とビデオを見て、やろうとしているサッカーをお互いが理解しあっているが、オジェックはしているんですかね?」なんて発言もあった。まあ、耳年増なんでしょうね。良くも悪くもサッカー文化が浸透しているから、と思いたい。

 ぼくだって、オジェックを全面的に支持するわけじゃない。だが、ギドとやり方の違う監督だということは明白だ。ギドは選手掌握能力に優れた指揮官だった。衆目の一致しているところだと思う。カリスマだった。選手としての実績がピカイチで、ギド以上に実績やネームバリューのある選手なんていなかった。ある意味、みんなが一目置いていたギドだから出来た芸当だった。

 しかし、オジェックは違う。いくら10年前の惨憺たる浦和レッズを立て直したと言われても、当時を知らない選手ばかりだ。しかもサッカー選手としてほとんど実績がなく、監督としてもW杯や有力リーグで際立った成績を収めたわけじゃない。そりゃ、今の浦和の選手が簡単に言うことを聞くとは考えにくい。逆にそんなに主義主張の無い選手ばかりじゃ困るだろう。信頼関係を築くには時間がかかるのだ。

 ギド3年目。優勝はしたが、完全なリアクションサッカーな上、個人技に頼ってばかりで、浦議でも批判が多かった。そんなギドも当初は攻撃的サッカーを目指した。就任会見では、2点捕られても3点捕るサッカーを目指すと言っていたのだ。でも、有力選手が集まり、注目度も高く、結果を求められる環境の中で、少しずつ変質する。内容よりも勝利を求めるサッカーへ、と言ったら御幣があるだろうか。

 ギドが残した大きな財産は、「勝者のメンタリティ」と「守備力」だ。オジェックはその上に、浦和に欠けている「組織力」を身につけさせようとしている。実際、明らかにギド時代には見られなかった連動性を、ぼくはスタジアムで何度も見た。そして、これからも見たいと思っている。必ずや、どこかでブレイクスルーを果たすと信じている。いや、すでに連勝した東海アウェイで果たしているのかも知れないが。

 シーズン終了時には、昨年のような感動を得たい。だから、応援し続ける。

|

« TV観戦 アジアカップ UAE戦 | トップページ | TV観戦 アジアカップ ベトナム戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネガティブキャンペーン:

« TV観戦 アジアカップ UAE戦 | トップページ | TV観戦 アジアカップ ベトナム戦 »