« 埼玉新聞の経営が悪化 | トップページ | 山田暢久のこと »

2007年7月 5日 (木)

長谷部との再契約を望む

 長谷部、浦和残留(サンスポ)

 正直ホッとしている。
 実は、長谷部は今回のオファーで絶対海外へ行くと、勝手に思い込んでいた部分があった。中村GMやオジェックの説得の勝利というところだろうか。

 ただし、気になることもある。長谷部は今期が終了したら契約が切れるのだが、これについて中村GMが「来春に契約金無しで欧州へ行くことになっても、今回は断念してもらいたい」というような発言をしたと、どこかのニュースサイトで読んだことだ。(ソースは探したが見つからなかった。鋭意調査中)

 何か、密約を交わしたんじゃないだろうな…。邪推なのはわかっているが…。どうしても思い出されるのが、鹿島の中田浩二の移籍だ。悪しき前例を作った上に、更に鹿島はバーゼルに対し、移籍金を積んで中田浩二を戻そうとしている。プライドは無いのか?

 何より、移籍には金銭の授受が伴って当然だ。長谷部を育てたは浦和であり、長谷部が出ることによって、被害を被るのもまた浦和レッズだ。それを補うための代替金銭は当然だ。

 浦和から、長谷部と再契約についてのニュースは流れてこない。どうなっているんだろう? まさか…。

 長谷部と、少なくとも2年程度の契約を結んでくれ。
 浦和レッズの、Jリーグのプライドを汚すようなことは絶対やめてね。

|

« 埼玉新聞の経営が悪化 | トップページ | 山田暢久のこと »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長谷部との再契約を望む:

« 埼玉新聞の経営が悪化 | トップページ | 山田暢久のこと »