« 長谷部との再契約を望む | トップページ | TV観戦 アジアカップ カタール戦 »

2007年7月 8日 (日)

山田暢久のこと

 ナビスコカップ 浦和1-1G大阪
 
 見ていないので、試合内容はわからない。某掲示板を見ると、相変わらず永井と山田に賛否両論渦巻いている。ネガティブになる気持ちもわからなくもない。参戦しないヤツが試合終了後即ネガティブな発言を書いて、帰宅した参戦組がポジティブな発言を書く、とか書いていた人もいた。

 今年は、リーグ戦のホームは水曜の駒場以外は全部参戦している。スタジアムで見たって、山田については不満がいろいろありますよ。永井はそれほど批判される理由はないと思うけど。

 山田はやっぱり中が好きなんだろう。だから、昨年は水を得た魚のようにプレーできた。右サイドをやっている今年も、磁石に引き付けられるように内へ内へと行く。内へ行って、誰かとワンツーで抜け出すとか、スルーパスを出すとか、シュートを打つとか、そんなことをやりたい気持ちは伝わってくる。

 しかし、実際は何もできないことが多い。中央の密集地帯で、そう簡単に有効なプレーができないことはわかりきっている。だったら、右サイドでボールを持ったときに相手を引きつけて大きくサイドチェンジをするとか、そのままサイドを抉ってセンタリングを上げるとか、内へ行く途中でシュートを打つとか、そんなプレーも今以上にやるべきなのだ。もちろん、たまにはやるんですよ。そんなときにレッズは大きなチャンスを迎える。

 過度にバランスを考えすぎる傾向もある。左前で長谷部やポンテがボールをキープしていて、山田の前には大きなスペースが広がっているというようなときでも、前に行かないことが多い。確かに走りこんだからといってボールが出るとは限らないし、戻るのは大変だし、自分が出たら守備陣形が乱れるし、万が一MFがボールを奪われたら大変なことになるし、というネガティブな予測もわかる。右サイドが大変なポジションだと言うこともよくわかる。

 でも、ネガティブに考えたら、サッカーなんて何もできない。バランスばかり考えていたら、得点なんてできやしない。もちろん、こんなことプロのサッカー選手にはわかりきったこと。何をいまさらなことです。でも、その判断が鈍いと思えることがある。思い切りが足らないと見えてしまうことがある。性格なのかもしれない。その日の調子も影響しているんだろう。ただ、目立ってしまう。

 ギドが来て以来、山田は変わったと思う。顔つきが凛々しくなって、最近は風格さえ漂わせるようになった。並みの選手ならば、山田ほどの活躍をすれば問題視されることはない。しかし、山田は並みの選手ではないのだ。山田ならばもっともっとできる。そんな風に思われること自体が、山田にとって不幸であり幸福なのかもしれないが。

|

« 長谷部との再契約を望む | トップページ | TV観戦 アジアカップ カタール戦 »

コメント

このところの暢久は「実際は何もできないことが多い」ほどひどくはないと思いますけどね。暢久には毀誉褒貶があり、「おい、お前!」って時もありますが、7日の試合を引き合いにして文句を言うほどでもなし。もっとひどいときがあるんでご批判(ほとんど同意ですが)はそのときにでも。もっとも暢久への期待値の高さによって論調は違うとは思いますが。

投稿: 見沼鰐 | 2007年7月 9日 (月) 01時00分

>見沼鰐さん

 先日のナビスコガンバ戦は見ておりません。記事に書いたのは、リーグの前半戦でも悪いときの山田のことと思ってください。某掲示板で、山田と永井に対しての批判が書き込まれていて、ぼくも最近の山田はそれほどひどいとは思わないけど、納得できることもあって、それはこんなところかな、という程度です。山田への期待値はMAXです(笑)。

投稿: takefour@旅歌 | 2007年7月 9日 (月) 05時46分

良くも悪くもヤマへの期待は大きいんですよ、みんな。ガンバ戦アウエーのヤマは
ちょっとひどかったけど、でもでもマンU戦のヤマは群をぬいて良かった!
久しぶりにヤマコール、ヤマの応援歌聞いた!!
・・・まぁ、それでこそヤマなんです。本来だったら真ん中やりたいと思います。でもヤマがこれだけレギュラーを維持し続けられているのは、もちろん昔はレッズが弱小チームだったということもありますが、どんなポジションもこなせるという強みがあるからです。
ヤマに一喜一憂して十数年。やっぱりこれからもヤマが一番です!

投稿: BLOOM | 2007年7月20日 (金) 15時17分

>BLOOMさん

 書き込みありがとうございます。
 そうですね。マンU戦の山田はすばらしかった。あれでこそ山田です。良くも悪くも、相手に合わせてしまうのだなぁ、と思ってしまいましたが。あの、C・ロナウドをほぼ完璧に抑えていましたからね。その上、ペナルティエリアまで侵入して、クロスがあげたこともあった。山田はすごいです。いつもあのスーパーな山田でいて欲しいです。
 

投稿: takefour@旅歌 | 2007年7月20日 (金) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山田暢久のこと:

« 長谷部との再契約を望む | トップページ | TV観戦 アジアカップ カタール戦 »