« TV観戦 アジアカップ ベトナム戦 | トップページ | TV観戦 アジアカップ オーストラリア戦 »

2007年7月18日 (水)

TV観戦 さいたまシティカップ マンU戦

 浦和2-2マンチェスター・ユナイテッド

 スポンサーの意向とか、国際的な慣例とかいろいろあるんだろうが、浦和レッズが埼スタで白ユニって、ちょっとびっくりした。こちらの記憶だと、マンUから話があって、日程がタイトなところに無理無理に試合を押し込んだような印象があるのだが、交渉の余地はなかったんだろうか。

 ユニだけでなく、上野アナと解説の福田が束になって浦和とマンUを比較してマンUを持ち上げる話ばかりで本当にイラついた。浦和の選手のサッカー技術とマンUの選手の技術を比べて、笑いながら話している。あんたたち、テレビ埼玉の視聴者がどういう層かわかっているよね? マンUの選手がすごいのは、見ていればわかりますよ。

 親善試合、まあ一種のお祭りなのはわかっている。しかし、ものすごいキャノンシュートを決めた内舘を、あんなふうに言わなくてもいいだろう。それも一度や二度じゃない。愛情の欠片も感じなかった。驚きの裏返しなのはわかるが、あまりに稚拙過ぎないか。埼スタで、浦和レッズを肴に相手チームを持ち上げられるのは我慢ならない。相手がどこだろうが関係ない。

 でも、選手は頑張っていた。前半は、おっかなびっくりなところがあったが、山田の奮闘に刺激されたのか、徐々に良くなっていった。彼我の最も大きな差は、パスの精度と寄せの速さかもしれない。それは個人技だから、どうしようもない部分があるが、組織としては昨日のメンバーなら、あんなものだろうか。

 良かったのは、山田、細貝、相馬。相馬の突破は充分に通用した。細貝が中央を切り裂いて、ワンツーを絡めて前進したときは鳥肌が立った。山田はC・ロナウドと互角に渡り合っていた。後半になって、右サイドが平川に代わってから、C・ロナウドに右サイドを蹂躙されることが増えて失点してしまった。

 逆に押さえ込まれてしまったのが、達也、長谷部、ポンテ。微妙なところで伸二。達也に関しては、何もできなかった。ボールに触る回数が圧倒的に少なかった。ポンテはあまりやる気が見えなかったかな。ボールを奪われてもあっさりしたもんで、追おうともしない。パスミスも多いし…。欧州でやっていた選手が、日本で欧州の強豪と戦うのは、おもしろくないことなのかもしれない。じゃあ、若手に譲って出なきゃ良いのに…。

 また話は戻ってしまうけど、福田がマンUをとてもよく勉強して、解説に臨んだのはわかった。しかし、付け焼刃な知識で、血が通っていなかった。海外厨房みたいな話しぶりは、本当にがっかりさせられた。

|

« TV観戦 アジアカップ ベトナム戦 | トップページ | TV観戦 アジアカップ オーストラリア戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TV観戦 さいたまシティカップ マンU戦:

« TV観戦 アジアカップ ベトナム戦 | トップページ | TV観戦 アジアカップ オーストラリア戦 »