« ネガティブキャンペーン | トップページ | TV観戦 さいたまシティカップ マンU戦 »

2007年7月17日 (火)

TV観戦 アジアカップ ベトナム戦

 日本4-1ベトナム

 余裕綽々の勝利でしょう。いきなり、啓太に当たってゴールしてしまい、浦和サポとしては嫌な感じがしたのだが、結果的に見るとあのオウンゴールで選手たちが目を覚ましたように思える。目を覚ました、というか気持ちが吹っ切れたというか、アイドリングの様子見状態からギアチェンジしたというか。

 それにしても、中村俊輔の切り返しはすごい。UAE戦でも見せたけど、今日の左サイドでの突破と切り返しは、たいへんな切れ味だった。一瞬で相手DFを置き去りにして、悠々と狙い済ましてクロスを上げることができた。チームとしては、巻が得点できたのが大きな収穫。BSのアナウンサーは、2得点とも高原と言っていたから、眼中に無かったのだろうね。

 巻の一点目は位置取りの良さと駆け引き、二点目は力ずくで相手DFに競り勝ってのヘディング。良かったと思う。位置付けとしては、前の師匠の役目なんだろうけど、師匠が得点力を身につけたら、本当に嫌らしいFWになる。そんな感じでしょうか、巻は。リーグ戦ではやめて欲しいが。

 昨日の試合はみんな良かったけど、加地だけが蚊帳の外だったような…。大会全試合を通して、思い切りの良い突破が見られない、クロスを上げる場面が少ない、ミスが多い…。オシムの好みで連れてきた羽生や山岸が空回りするのとは訳が違う。奮起して欲しいな。

 浦和サポとしては、現在絶好調の本職の快足DF坪井よりも阿部を選択するオシムに、どうしても首を傾げてしまう。啓太が定位置を確保して、中村憲剛を使って共存となるとあそこの位置になるのかも知れないが、先に人ありきの考え方はどうなんだろう。

 最近の坪井は、キックもヘディングもうまくなって、鬼神の如く迫力あるディフェンスをするのですよ。啓太にしろ阿部にしろ、怪我をせず、元気に戻ってきてくれればそれだけで良いのだが、せっかく召集されたのだから、快足FWを封じ込める坪井も見てみたい気もする。そんな、複雑なサポの心境ではあります。

 決勝トーナメント初戦はオーストラリアが相手になった。マスコミ的には、ドイツの雪辱とか因縁とかネタ振りOKで、また無駄に大盛り上がりだろう。選手は関係ないのに。選手や監督におバカな質問をするのだけはやめて欲しいな。恥ずかしいよ。

|

« ネガティブキャンペーン | トップページ | TV観戦 さいたまシティカップ マンU戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TV観戦 アジアカップ ベトナム戦:

« ネガティブキャンペーン | トップページ | TV観戦 さいたまシティカップ マンU戦 »