« TV観戦 さいたまシティカップ マンU戦 | トップページ | アヤックスが伸二獲得に乗り出す? »

2007年7月22日 (日)

TV観戦 アジアカップ オーストラリア戦

 日本1-1オーストラリア PK4-3

 まるで3年前のVTRを観ているかのような、我らのSGGK川口能活の大活躍によって勝利を収めることができた。しかし、失礼ながら、まさかこんなことが起きるとは、露ほども思っていなかった。いくら大試合に強い川口と言っても、相手GKとは13cmも身長差がある。リーチまで含めたらもっと差があるだろう。奇跡は2度と起きないから奇跡なのであって…。

 しかし、しかし、またもやサッカーの神は川口に乗り移った。オーストラリア1人目のキューウェルを左に飛び、2人目ニールを右に飛んで、見事にはじき返してしまったのだ!! すごいよ、SGGK口能活。鳥肌が立った。申し訳ない。あのヨルダン戦のPK戦に今夜オチがつけられる、と思っていた自分が情けない。サッカーはもっともっと奥が深かった。ありがとう>SGGK川口能活。

 その快挙を、いかにも傍観者然とした、事務屋的官僚的な発想で協会の力にすり替えてしまった解説の人間力山本氏にも脱帽だ。早く協会に帰れるといいね。でも、事務に徹してね。育成には携わらないでね。あなたに人はついてこないだろうから。あなたは人を育てることができないだろうから。データの蓄積はあっただろうが、そこに人間力が加味されて神になることを理解してね。

 逆説的な言い方になるが、あの微妙な一発レッドがなければ、PK戦までもつれなかったのではないか。10人になった後半31分以降、オーストラリアの戦い方はより明確になった。意識が統一されてしまった。あれだけゴール前を固められては難しい。難しい試合が更に難しくなってしまった。

 観ていると、スピードのあるDFはオーストラリアにはいないようだ。だったら、もっと早めに佐藤寿人投入という選択肢はなかっただろうか。カウンターしか考えていないオーストラリア相手に、もっと人数をかけて攻めても良かったのじゃないか。心配なキューウェルは坪井にまかせてもっと前に意識を集中させても良かったのじゃないか。余計なことを考えてしまう。

 またもや高原だ。なんとすばらしい身体のキレだろう。右足のキックフェイント一発で相手DFをかわし、冷静に相手キーパーのニア、狭いところをポストに当てて左足でゴールインだ。本当にすばらしい。得点した時間帯もまた良かった。頭が下がります。これぞストライカー。ありがとう>高原。

 次は25日。サウジアラビアvsウズベキスタンの勝者とあたる。どっちも大変な相手だが、このまま行って欲しい。期待している。
 最後に一言だけ。もっと練習しろ、もっと冷静に上げろ、もっと視野を広く持て>駒野。

|

« TV観戦 さいたまシティカップ マンU戦 | トップページ | アヤックスが伸二獲得に乗り出す? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TV観戦 アジアカップ オーストラリア戦:

« TV観戦 さいたまシティカップ マンU戦 | トップページ | アヤックスが伸二獲得に乗り出す? »