« アヤックスが伸二獲得に乗り出す? | トップページ | 酒井が神戸へ移籍 »

2007年7月26日 (木)

TV観戦 アジアカップ サウジアラビア戦

 日本2-3サウジアラビア

 啓太がものすごく疲れていた。もしかしたら、ケガの影響かもしれない。心配だ。いつもの啓太なら奪えるボールが奪えない、一歩前に出られない、パスが乱れる。それでも、足を引きずるようなそぶりは見せなかったので、大丈夫だと思うが、ケガだけが心配だ。

 疲れていたのは啓太だけじゃなかった。みんな身体が重そうで、なんとなくキレが感じられない。だからかどうか、攻め込んでも最後の一歩が踏み込めない。そんなふうに見えていたとき、ボール支配率70%なんて、あんまり見たことない数字が表示された。正直、ちょっとヤバいと思った。これって、サウジのゲームプランに乗せられているだけなのじゃ?

 ボールを支配しつつ相手ペナルティエリアに進出し、パスを回してチャンスを伺うが、フィニッシュに至らない。シュートを打たない。悪いころの代表を見ているようだった。うまいこと、ボールを持たされていたような印象。何度攻めても、シュートが打てない。…というか、打たない。明らかにゴールが見えているだろうに、パスを選択してしまう。

 そうこうしているうちに、先取点を獲られてしまう。直後に同点。後半開始早々に加点され、またもや直後に同点。心身ともにヘトヘトボロボロの状態が、相手にリードを許すとムチが入って、シフトチェンジを繰り返したような印象だ。3度目のビハインドには追いつくことができなかった。

 駆け引きがうまくスピード豊かでテクニックと身体能力に優れたアジアトップレベルのFWに、急造最終ラインで対応しようというのが間違っていたのだ。それについては試合後の会見でオシム監督も暗示していた。だからと言って、阿部のせいじゃない。阿部はDFが本職ではないのだから。こればっかりはどう見ても、拘った監督に責任がある。

 更に言わせてもらえば、今日こそ、坪井だったろう。ポリバレントがすべてのポジションで、スペシャリストを凌駕するのは至難の技なのだ。阿部はよくわかっていたように思う。TV画面に映し出される表情が痛々しかった。酷な選手起用だった。結果論めいて申し訳ないが、それでも阿部を使いたいなら、フィニッシュの精度がまったく上がらない中村憲剛の位置でも良かった。カバーをひとり余らせる3バックでも良かった。

 ずっと4バックだったわけだが、実質的には中澤と阿部の2バック2アウトサイド。それが、昨日のような相手になると通用しないということかもしれない。相手は2トップなのだから、3バックにして、ひとりをカバーに回らせるという布陣を選択するべきだったのかもしれない。いずれにしろ結果論ということ。

 今まで通用していたのは、相手のレベルもさることながら、侵入してくる相手をボランチやサイドの選手が最終ラインとうまく連動して挟み込むことができていたからでもあった。しかし、この試合のように、疲労が蓄積するなどの要因が絡むとできなくなってしまう。早めに察知して坪井投入→3バックが良かった…。もちろん、これも結果論…。サウジのカウンターの切れ味も良かったが…。

 それと、今後、このチームが世界で伍していくためには、サイドの更なる強化が急務だろう。申し訳ないが、今大会のサイドはほとんど機能していなかった。FWに高原という逸材を手にし、MFとDFにはケガで出場できなかった選手まで含めてまだまだ選択肢がある今、課題はサイドの強化しかない。相手を考えて4バックか3バックか、というシステム論まで遡る必要もあるだろう。

 試合後、これで早く帰って来られる、と思ったら、3位決定戦があった。しかも、相手は韓国。いやらしいめぐり合わせ…。浦和は他チームより不足している1試合を、8/1に消化しなければならない。埼スタで相手は広島。啓太も阿部も坪井も、ケガをしないで戻ってきて欲しい。阿部については心理的なダメージも心配だ。お前は悪くないんだからな!>阿部。

|

« アヤックスが伸二獲得に乗り出す? | トップページ | 酒井が神戸へ移籍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TV観戦 アジアカップ サウジアラビア戦:

« アヤックスが伸二獲得に乗り出す? | トップページ | 酒井が神戸へ移籍 »