« 酒井が神戸へ移籍 | トップページ | 久しぶりの平日埼スタ参戦 »

2007年7月29日 (日)

TV観戦 アジアカップ 韓国戦

 日本0-0韓国 PK5-6
 
 いろんな意味で皮肉な結果になってしまった。

 まず、オシム監督。大会を通して、打つ手が当たらない。交代した選手が活躍してくれない。千葉枠の選手たちにまったく良いところが見られない。最悪の今日は、羽生がPKを外して敗戦を決定させ、山岸は例によって後半ブレーキにしかならなった。

 事前の報道では、「フレッシュな選手を使う」とオシム監督は言っていたらしいが、フタを空けてみれば、一次リーグ初戦と同じメンバー。巻と山岸という千葉枠の違いだけ。啓太と阿部を休ませてくれるんじゃなかったのか? いや、これはわかる。日韓戦で博打は打てないよね。でも、せめて坪井は使って欲しかった。……試合勘を戻す意味で…。

 それとPK戦。オーストラリア戦のときに、前回のアジアカップのオチがつけられるんじゃないかと思った、と書いたが、そのオチがこんなところでやってきてしまった。各紙は「"PK神話"崩壊(サンスポ)」「"PK神"力尽きた(スポニチ)」という論調。しかし、自分で"オチ"などといっておきながら、マスコミの論調には腹がたつ。川口はほとんどを読みきっていた。ほんのちょっと何かが違っていた。PK戦は"運”なのだから。

 後半12分に退場者が出て、韓国は10人になった。またもや、守りを固める相手を崩せない我が代表。確かに見ていてイライラがつのった。しかし、オーストラリアにしろ韓国にしろ、元々守備が強い。その強い守備が更に徹底されれたら、簡単に崩すことはできないのだ。

 個の力なのか、組織で崩すのか。浦和の場合だと、抽んでた個の力を持つ選手が何人もいるので、高速ドリブルで仕掛けたり、ミドルシュートを打って相手DFを前へ釣り出したり、ヘディングの強い選手を中央に集めてパワープレーをやったり、サイドを丹念について相手守備組織の乱れを誘ったりと多彩に攻める。

 いえ、自慢しているわけじゃなくて、このあたりは浦和にとっても課題で、相手の守備が強ければ、そう簡単にできることじゃないのです。守備を固められて膠着してくると、ドリブルで崩されるのが一番イヤらしい。たとえば、前線で達也、中盤の底から長谷部誠、両サイドで山田と相馬、最終ラインからたまに闘莉王、出てくれば永井とか、これだけの選手がドリブルで仕掛けられる。

 しかし、我が代表に目を転じて見ると、パサーばっかり。パスばっかりじゃ、崩せないでしょ? それも単調なパスばっかり。大会を通して、ドリブルで崩した場面はほとんどなかった。これってものすごくバランスを欠いていませんか? でも、ベンチを見るとドリブルのうまい選手がいたりするんだよね。

 それとシュートへの意識の薄さも問題。これは前の代表時代から言われていることだけど、なんでみんなシュートを撃たないんだろう? これって日本人の国民性なのか? シュートを撃てば何かが起こるかも知れない。もちろん、何も起こらない確率の方が高いんだけど、少なくとも前が開いているときはシュートを撃とうぜ。

 ただし、オシム監督の志向しているサッカーは間違っていないと思う。サウジアラビア戦のときに、3バックにしてひとり余らせる守備をしていれば、と書いた。マスコミもそんな論調が多かった。しかし、あれはオシム監督のメッセージなんじゃなかろうか。日本は少なくともアジアでは、2バック2アウトサイドで攻撃的にやりなさい、というオシム監督のメッセージ。好意的過ぎかな。負けたら意味なしなのだが。

 やっぱり啓太のシュートは枠に飛ばないんだなぁ。縦横に走り回って相手の攻撃の目を摘み続ける今日の啓太はすばらしかった。阿部もよくやっていた。帰国してすぐに8月1日、広島との戦いが待っている。万難を排して、参戦する予定なので、よろしくお願いします。代表はたいへんだな…。

|

« 酒井が神戸へ移籍 | トップページ | 久しぶりの平日埼スタ参戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TV観戦 アジアカップ 韓国戦:

» 本当にオシムは達也を待っているのか? [It's a Good Day to Die]
 いよいよ、後半戦がスタートする。考えた末、結局電車で行くことにした。浦和美園駅 [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 06時12分

« 酒井が神戸へ移籍 | トップページ | 久しぶりの平日埼スタ参戦 »