« 達也不在時になぜできなかったか | トップページ | ネガティブキャンペーン »

2007年7月14日 (土)

TV観戦 アジアカップ UAE戦

 日本3-1UAE

 高原って、いつからこんなに良い選手になったのだろう。2得点目の足の振りはすごかった。エメルソンがよくクイックモーションでシュートを決めていたけど、あの頃のエメルソンを彷彿とさせるシュートだった。

 以前、どこかで聞いた話だけど、いつだったかクローゼに話を聞くことがあったらしい。「どうしてあんなにシュートを決められるんだ?」みたいな質問をしたんだと。そしたら、「キーバーを狙ってシュートを打っているだけだ」みたいな話をされたとか。SOCCER UNDERGROUND BLOGで読んだのかもしれない。ともかく、これで高原は吹っ切れた?

 湯浅さんがいつも言っているように、サッカーって本当にメンタルなスポーツだから、心理的な何かが変わったたのでしょうか。……そんなに簡単なこととは思えないが、本人にとっては「目からうろこ」状態だったのかも知れない。

 代表で見る高原って、好不調の波が激しくて、ピッチに立ってみなければわからないようなことが多かった。それがここのところずっと安定している。これもまた不思議。精神的な安定という意味では、結婚したことも大きかったのかもしれない。ともかく、本人のためにも代表のためにも、この状態でプレーを続けていけることを祈っている。

 後半、高原と中村俊輔が抜けたら、まるで別のチームになってしまった。やっぱりこのふたりの存在は大きいのですね。前半に3点をリードするというとても難しいゲームではあったが、消極的になってしまった後半が残念だった。無失点で切り抜けて欲しかった。

 暑さも疲れも相手のラフプレーもあるだろうが、一瞬緊張が解けたようになってしまったのが、怖い。
 それにしても、啓太は無事だろうか。

|

« 達也不在時になぜできなかったか | トップページ | ネガティブキャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TV観戦 アジアカップ UAE戦:

« 達也不在時になぜできなかったか | トップページ | ネガティブキャンペーン »