« 山田暢久のこと | トップページ | 20歳からの数年間に何が変わるのか? »

2007年7月10日 (火)

TV観戦 アジアカップ カタール戦

 日本1-1カタール

 中村俊輔がマン・オブ・ザ・マッチに選出されたそうだが、そんなに良かったかな? テレビだから、限られたエリアしか見えないし、動いている人影が誰かわからないことも多いんだけど、コンディションが悪そうで、あまり光っていたように見えなかったが。

 オシムの指示なのか選手の考えなのかわからないが、ゲームプランはなんとなくわかった。気温34度湿度70%という過酷な気候下で、90分間通してプレッシングサッカーなんてできるはずがない。しかも、ドン引きであまり前に出ようとしない相手と戦っているのだし。だが、中東勢はカウンター一発があるから、早いとこ先取点は欲しいが、無理はしたくない。

 前半は横パスばっかりで、前に対する意欲が感じられない本当につまらない試合だった。横パスも必ず中央を経由するワンパターンで、相手を大きく右往左往させることがないので、相手陣形になかなか穴が見つからない。一回だけ、下がった高原が相手の混乱を誘って生まれた右サイドの大きなスペースからチャンスが生まれたが、それも不発で終わる。

 後半は開始早々から、カタールに攻め込まれるシーンが連続した。しかし、16分、左サイドを駆け上がった今野が右アウトサイドでセンタリング。ファーサイドで待ち構えていた高原が左足でボレーを決める。これは見事な連携だった。その後、徐々に動きが活発化し、見事な組織プレーを見せるも、なかなか得点できない。

 そんな中、阿部が不用意なファールを与えてしまう。よく見れば、あれはダイビングで、ファールはカタールの選手に与えられるべきものだが、審判の眼も欺いたカタール選手がうまかったということだろうか。阿部はやっぱり経験不足なのかな。阿部だけでなく、啓太にしろ、中村憲剛にしろ、国際経験はそれほど豊かじゃないから、これを経験則としてよく覚えておいて欲しい。

 あの場面、身体を入れる必要はなかったと結果論で言っている人たちがいるが、あのような状況になったとき身体を入れるのはJリーグではセオリーなのだ。ただ、相手がJリーガーではなくて、狡猾な中東の選手だったということ。最初から狙っていたような一連の動作だった。悔しい。阿部はこれを糧にして欲しい。

 圧倒的に相手を凌駕していても、一瞬のミスでやられてしまう。追加点を獲れなかったことが、痛かった。羽生のシュートミス、山岸のシュートミス…。ミスをあげつらっても仕方ないが、一本でも入っていれば…。

 試合後のオシム監督はかなり怒っていたね。あれ、八つ当たりだろう? あんなクソ暑い気候での消耗戦なのに、なんでもっと早く動かないかな。カタールなんて、カウンター以外は怖くないんだから、早めに佐藤寿人あたりを入れて、引っ掻き回せば良いものを…。消極的だった。

 UAEがベトナムに負けたそうで、波乱とか言っている。しかし、今回の中東勢はそれほど怖くないんじゃないか? 一番強いと言われたカタールがこんな感じだから、日本がいつものサッカーをやれば、間違いなく一位通過できる、と思う。気持ちをリフレッシュして、13日のUAE戦に臨んで欲しい。

|

« 山田暢久のこと | トップページ | 20歳からの数年間に何が変わるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TV観戦 アジアカップ カタール戦:

« 山田暢久のこと | トップページ | 20歳からの数年間に何が変わるのか? »