« 拝啓 テレビ朝日 様 | トップページ | 地上波放送がやっと決まった »

2007年10月29日 (月)

観戦記 第30節 名古屋戦

 浦和0-0名古屋

 負けなくてよかった、くらいの感想しかないんだけど、それじゃあんまりなので、気がついたことだけ。

 後半40分くらいに、ワシントンに代えて内舘が出てきたときは、オジェックに対してかなり反発を感じた。でも、ウチの選手の状態や、こうして勝ち点1を積み上げたいまあらためて考えてみると正解だったように思う。中盤はがら空きで、ヨレヨレボロボロの選手たちに余り多くを望むのはかわいそう。内舘は効いていたし。

 疲労なのか何なのか、坪井が心配だ。ACLでも、PA内で抜かれて失点してしまったわけだが、昨日の坪井はそれ以上に見ていてハラハラした。クリアが小さい、キックが緩い、視野が狭い、判断が遅い。相手FWに追いかけられてアタフタする坪井は見たくない。累積した疲労のせいだよね。

 惜しかったシーンは、阿部の強烈なミドルシュートと、抜け出した達也がキーパーと1対1になったくらい。両方とも、楢崎に阻まれてしまったわけだが。前半終了間際に暢久がケガで退いたあとは、ほとんど攻撃の形を作ることができなかった。ワシントンには常に2人がついて仕事をさせてもらえずイライラ。永井も達也も、消えている場面がほとんどだった。

 闘莉王に代わって出場した堀之内。ああいう試合で得点を決めてくれるんだけど、さすがに昨日は守備で手一杯だったようだ。確かに攻撃力、展開力は闘莉王に一日の長がある。しかし、守備に関してはそれほど大きな差は感じない。他チームにいけば、間違いなくレギュラーを張れる実力者が、こうして控えているのは本当に頼もしい。

 今日の新聞だと、「ワシントン放出へ(スポーツ報知)」とか「次節2連覇決まるぞ!(サンスポ)」とか、いろいろ書いてくれていますが、雑音に惑わされることなく、11月7日のセパハン戦を迎えて欲しい。

|

« 拝啓 テレビ朝日 様 | トップページ | 地上波放送がやっと決まった »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観戦記 第30節 名古屋戦:

« 拝啓 テレビ朝日 様 | トップページ | 地上波放送がやっと決まった »