« 興奮の一夜が明けて | トップページ | 観戦記 第30節 名古屋戦 »

2007年10月26日 (金)

拝啓 テレビ朝日 様

 拝啓 テレビ朝日 様
 
 11月7日、イランにおいて行われるアジア・チャンピオンズ・リーグの決勝戦を、地上波で生放送していただきたくお願い申し上げます。

 既報の通り、日本のチームとしては初めて、浦和レッズがアジア・チャンピオンズ・リーグの決勝戦に進出を果たしました。日本サッカーにとっては歴史的な快挙です。FIFAランクでアジア最高位の30位につけるわが国のクラブチームが、今まで屈辱を味わってきたアジア・チャンピオンズ・リーグを初めて制するチャンスを得ることができたのです。

 しかし、残念ながら、放映権を持つ貴局ではBSデジタルでしか生放送をしてくださいません。わたしのように機材を持っておらず、しかもベランダの向きの悪いマンションに住んでいる者は、見ることができないのです。

 埼玉スタジアムで行われるホームゲームは地上波で放送してくださるとのニュースを拝見しました。それについては感謝の気持ちで一杯です。しかし、決勝戦はイランで行われるアウェイ戦とセットなのです。ツアー参加者等から伺うと、キックオフ時刻は現地時間で午後4時だそうです。日本時間では午後9時半なので難しい時間帯かもしれませんが、テレビ朝日様が地上波で放送して下されば、日本のサッカー放映史に残る英断として後々まで語り継がれることでしょう。

 今や世界のサッカーはクラブ中心に移行しつつあります。今年も日本で開催されるクラブワールドカップは、今後更に充実し、拡大が予想されています。それを理解されているからこそ、アジア・チャンピオンズ・リーグの放映権を手に入れられたと推察いたします。

 アジア・チャンピオンズ・リーグは、国連加盟38ヶ国約30億人が居住するアジアのサッカークラブのチャンピンを決定する大会です。しかも、今回はその決勝戦。アジアNO.1クラブの座をかけて、浦和レッズは日本を代表して戦うのです。アジア・チャンピオンズ・リーグの魅力を余すところなく視聴者に伝える、またとないチャンスではないでしょうか。

 地上波で放送することによって、この未知のコンテンツをもっともっと大きく育てることができると確信しています。

 是非、地上波で放送してくださいますよう、切にお願い申し上げます。

 敬具

|

« 興奮の一夜が明けて | トップページ | 観戦記 第30節 名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓 テレビ朝日 様:

« 興奮の一夜が明けて | トップページ | 観戦記 第30節 名古屋戦 »