« 代表合宿を強行しても得るものはないよ | トップページ | オジェック続投? »

2007年10月 8日 (月)

[雑感] 第28節 大分戦 TV

 浦和2-1大分

 咳と発熱に約4週間苦しめられ、1週間学校を休んだ次男のたっての願いで、東武動物公園に行かなくてはならない。休んでいる間に、学年の社会科見学で東武動物公園を訪れているそうで、それにならって電車で行きたいのだそうだ。土曜日は長男の高校の運動会で、今日はカミさんがバイトなので、この日しかなかった。春日部高校の運動会は、噂には聞いていたけどそれ以上だった。若干の嘆きはまた別の機会に。

 こうして、夜の放送まですべてをシャットアウトして、テレビ中継に臨んだ。

 7連戦の最後を締めくくる大事な一戦。珍しく激高するオジェック監督を見ながら、テレビもいいじゃんなどと思ったり。試合は、ここのところずっと見せられている展開だ。相手に押し込まれながらも、最終ラインを割らせない強かなゲーム巧者ぶり。ただ、今日の相手は手ごわかった。手薄な両サイドを突いて、攻め込まれ続けた。

 特に永井は両刃の剣だった。攻めてはワシントンに鋭いクロスを供給して得点を演出したが、守っては度々裏を突かれて危機に陥った。しかし、そんなことは当然オジェック監督は織り込み済み。阿部と啓太の負担が増したのは明らかだが、ベンチ置いた暢久よりも良いという判断か。同じ理由か、ケガかはわからないが、坪井もベンチだった。代わってネネ。

 ネネは高さのある高松対策だろうか。久しぶりなので心配だったが、前半当初こそ、左サイドでセーフティにクリアし続ける本調子でないときのパターンで不安にさせたが、徐々に安定した守備を披露してくれた。惜しいシュートもあった。最後に交代で堀之内が見えたので、坪井はベンチから外れるほどではない「ケガ」の大事をとって、ということでしょうか。

 強いチームとは、こんなチームだった気がする。そういえば、レッズも昨日の大分や前の新潟みたいに、良い試合をしたのに勝てなかったことが何度もあった。強いて言えば、岡田さんが監督をしていたころの横浜FMのような強さ。あのころのマリノスも最終ラインがしっかりしていて、試合運びも抜群にうまかった。

 今の浦和はあのころの横浜FMの上をいっているように思う。守備は同等としても、攻撃力が備わっているから。それに、あのころのFMは疲れていなくても、こんな感じの試合が多かった。……あ、ヤバイ、慢心かも。こんなことを書いてはいけない。選手が一番冷静か。成長したもんだ。

 代表も14日からだそうだ。ゆっくり休んで、最後の戦いに向けて鋭気を養って欲しい。

|

« 代表合宿を強行しても得るものはないよ | トップページ | オジェック続投? »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [雑感] 第28節 大分戦 TV:

« 代表合宿を強行しても得るものはないよ | トップページ | オジェック続投? »