« [雑感] 第1節 横浜戦 | トップページ | オジェック解任、後任はエンゲルス »

2008年3月16日 (日)

[観戦記] 第2節 名古屋戦

Cimg0021

 浦和0-2名古屋

 高原が機能していたかと問われれば、少なくともエジミウソンよりは機能していたと答える。少なくとも、エジミウソンよりは気持ちが前に出て、動きも良かったと思う。その程度だけど、後半、永井に換えて高原を下げたときはがっかりした。ケガでもしたのかと思った。動きが鈍く、ポジショニングが悪い上に連携のとれていないエジを下げて永井でしょうに。永井と高原のコンビが見たかった。

 高原がボールを持ったときは、「離さない」のではなくて、「離せない」のだ。周りが全然動いていないから。象徴的なシーンがあった。高原が左サイドでボールを持って、そのまま中央に走り、ボールを出しどころを捜しながら、円を描くように右にターンして、最後、ボールを奪い取られた。その間、誰も、フォローに行かない。みんながみんなボールウォッチャーだ。情けない。

 前節、試合終了後の闘莉王のコメントで、「監督から前に行くな」と指示があった、というような内容があった。あの最後のパワープレーの時間帯、そんなことで前に行かない闘莉王。あれもまた象徴的だった。なんで自分で考えないんだろう。何かに悩んでいるのですか? 名古屋戦の選手たちは、みんなそんな気持ちの悪循環に陥っているように見えた。

 目の前に広大なスペースが広がっているのに、ヨタヨタと前に出る右サイド。トップ下がボールを持ってがら空きの右サイドを見ているのに、動かない。トップ下が強く指示を出すかと思えば、さにあらず、自らがボールを持って、これもまたヨタヨタと右にボールを運ぶ。それを見て、じゃあオレも、と右サイドが上がる。そんなことをしているうちに、敵の陣形はすっかり整ってしまう。

 唯一の救いは、細貝だった。すばらしい働き振りだった。ものすごい闘志だった。細貝のボール奪取のおかげで、チームは何度も救われ、ボール奪取が何度も攻撃の起点になった。前線にも何度も顔を出した。2点目は都築との連携が悪くて、苦い結果を残してしまったが、細貝のプレーは今後のチームに絶対に必要だと思う。細貝のような存在がチームに刺激を与え、チームを活性化させる。

 その点では、やっと出てきた梅崎にも期待した。期待するプレーは、前線で動き回ってアクセントになり、相手DFを撹乱し、攻撃の起点を作りだすことだ。しかし、残念ながら片鱗も見せてもらえなかった。サイドに流れる悪い癖で、せっかく機能しはじめていたサイドのフタになってしまった。

 梅崎が入ることによって、中盤に下がった元トップ下に啓太と同じ働きを要求するのは無理な話で、せっかく前のめりになりかけた雰囲気をすべて台無しにしてしまった。あの交代はないだろう。なんで啓太を下げるの? すんなりとキャプテンを下げればいいのに。啓太がいなくなることによって、更にバランスが悪くなった。オジェックは何を考えたんだろう。確かに動きはよくなかったが。

 長谷部→ポンテ→ワシントン、というセンターがいない状態でチームを再構築している時期だから、少しくらいのことには目をつぶって、長い目で見てあげなくちゃいけない。ポジティブに考えれば。でも、チーム全体に漂う落ち着きの無さが不安にさせる。早めに問題点を見極めて手を打って欲しい。そんなことは百も承知だろうけど、そんなことを言ってみたくなるくらい、指揮官にも不安を感じてしまう。

|

« [雑感] 第1節 横浜戦 | トップページ | オジェック解任、後任はエンゲルス »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [観戦記] 第2節 名古屋戦:

« [雑感] 第1節 横浜戦 | トップページ | オジェック解任、後任はエンゲルス »