« [観戦記] 第2節 名古屋戦 | トップページ | [雑感] 第3節 新潟戦  »

2008年3月16日 (日)

オジェック解任、後任はエンゲルス

 レッズが決断した。

 これだけの戦力を持ちながら、昨日のような試合をしてしまうのには、何か大きな精神的な理由があるように思えた。何かが枷になっているような。ぼくらにはわからないことで、もしかしたら本当に伝えられるような監督との不協和音が原因かもしれない。一部の選手から相当不満の声が上がっていたようだし。

 全責任は監督にあるから、責任を取るのは当然としても、突然の解任劇は少し酷なような気もしてしまう。ぼくらの与り知らないところで、話が煮詰まっていたということかな。積もり積もった不満があって、昨日の試合がトリガーとなったとか。オジェック、暗すぎましたかね、性格が。

 監督を解任したからといって、すぐに改善されるというような簡単なことではないでしょう。前線への意欲は、選手個々人の意識の問題もかなりあるのではないか。だとしたら、監督のクビをすげ替えても簡単には結果はでないような気もしてしまう。

 長い目でエンゲルス新監督とチームを見守りたいですね。エンゲルスは、さしづめ徳川家康かな。

 見渡した限りでは、アサヒコムが一番詳しかったので貼り付けておきます。

浦和、オジェック監督を解任 後任はエンゲルス氏
 サッカーのJ1浦和は16日、オジェック監督を解任した。浦和は開幕から横浜マ、名古屋に連敗。わずか2試合での監督交代劇となった。後任はエンゲルス・コーチが昇格して指揮を執る。

 オジェック監督は07年、前年にリーグ優勝を飾ったブッフバルト監督の後任として就任した。95、96年に浦和の監督を務めた経験があるほか、カナダ代表監督では北中米カリブ海一を決めるゴールドカップで優勝。国際サッカー連盟の技術委員を務めたこともあり、高い実績を持っていた。

 就任1年目の昨季、アジア・チャンピオンズリーグでJリーグのチームとして初めて優勝。クラブワールドカップにも日本のクラブとして初めて出場し、3位に入った。

 だが、昨年のリーグ戦では終盤に失速し、リーグ2連覇を逃した。また、戦術面で一部の主力選手と対立するなど不協和音も少なくなかった。

 後任のエンゲルス・コーチは04年に浦和のコーチに就任。ブッフバルト前監督時代からコーチを務めており、チーム事情には明るい。90年に選手として来日しているだけに日本語も堪能だ。91年から兵庫・滝川二高でコーチを務めた後、Jリーグ開幕とともに横浜フリューゲルスでコーチとなり、98年に監督就任。千葉、京都で監督を歴任し、横浜フと京都で天皇杯に1度ずつ優勝している。asahi.comより

|

« [観戦記] 第2節 名古屋戦 | トップページ | [雑感] 第3節 新潟戦  »

ニュース:浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オジェック解任、後任はエンゲルス:

« [観戦記] 第2節 名古屋戦 | トップページ | [雑感] 第3節 新潟戦  »