« オジェック解任、後任はエンゲルス | トップページ | [観戦記] 第6節 鹿島戦 »

2008年4月 1日 (火)

[雑感] 第3節 新潟戦 

浦和3-0新潟

 いささか時期を逸してしまったので、簡単に。

  • あけてびっくり、闘莉王がボランチ。
  • エジとのたどたどしいワンツー萌え。
  • でも、闘莉王のボランチ起用は、最後にして欲しい。
  • 阿部をボランチで起用し続ければ、元々攻撃センスのある選手だから、カンを取り戻してくれるはず。
  • 闘莉王は運動量が少なすぎる…、ような気がする。
  • あけてびっくりがもうひとつ。坪井スタメン落ち。
  • 正直な気持ちを書くと、遅いくらい。
  • でも、タイミング的には良いタイミングだと思う。新監督も考えた末のタイミングでしょう。ドンピシャ。
  • 替わって入った、待ってましたの堤は、危なげないリーグデビューを飾った。
  • ゴールライン際で簡単に抜かれてしまったのは、ご愛嬌? 本人が一番わかっているだろうから。
  • 相手が不振にあえぐ新潟ということを割り引いて考える必要があるが。
  • これで堤が定着してくれれば、念願のユース出身レギュラーということになる。喜ばしい。
  • ほかに西澤もキャンプから調子が良い。期待している。
  • 坪井のすぐ後ろには、近藤がいる。というか、いると思いたい。
  • 坪井に関して、思いは複雑。
  • 燃えない火の玉ボーイは、相変わらずだが、梅崎と併用がベストでは?
  • 目の前の、広大な無人のエリアが呼んでいるのに、前に行かない平川さん。
  • エジ覚醒の感あり。
  • 交代時のお怒りは、見当違い。フォワードとはそういうモノでしょう。
  • でも、メンタルケアはよろしく。近々爆発の予感。
  • 永井萌え。

|

« オジェック解任、後任はエンゲルス | トップページ | [観戦記] 第6節 鹿島戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [雑感] 第3節 新潟戦 :

« オジェック解任、後任はエンゲルス | トップページ | [観戦記] 第6節 鹿島戦 »