« 2009年3月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の2件の記事

2012年3月20日 (火)

[観戦記] ナビスコカップ初戦 仙台戦

浦和1-0仙台

 いい加減、「菓子杯」とか呼ぶのやめよう。みっともない。
 長いことスポンサーを続けてくれているナビスコに失礼だ。レッズにとっては、ナビスコカップは忘れられないタイトルだし。2002年の敗戦も2004年の敗戦も印象深い。

 そんなナビスコカップ初戦の相手は、好調な仙台。
 対するレッズはリーグ戦から先発を9人も変えて臨んできた。
 案の定、もったりとした試合展開になって、こっちも陽射しが燦々と降り注ぐ気持ち良い天候も重なって、どこかのんびり長閑になってしまった。

 試合は永田のヘディングであげた1点を守りきってなんとか勝利した。
 永田のリベロ、意外といい。ボールを適度に散らしてくれて、ボランチとの連携も良い。

 せっかくの勝利だが、直樹の負傷もあって手放しで喜べない。焦らず、じっくりと治療に専念してほしい。
 あとからYouTubeで見たけど、レイト気味に行ったのは直樹。相手DF田村は確かにカニバサミっぽく直樹を倒したけど、言われるほど悪質には見えなかった。達也のときの土屋とは全然違うよ。

 岡本の負傷退場とスピラの退場で、戦術的選手交代を一人も行えない中、直樹に代わって出てきた矢島にびっくり。いいね。

 ペトロビッチは魔術師じゃないので、そう簡単にチームが変わるとも思えないけど、良い方向に回転しているように見える。
 今後が楽しみ。

|

2012年3月18日 (日)

[観戦記] 第2節 ホーム開幕 柏戦

浦和1-0柏

 昨シーズン最終戦でボロ負けした相手に、堂々たる戦いを挑んで勝利を挙げた。最高に気分が良い。 
 
 得点シーンは、明らかに相手のミスでごっつぁんゴールだけど、デスポトビッチは前半から相手DFを追いかけ回していたので、ご褒美を得る資格があった。
 しかし、あれだけボールの収まらないセンターフォワードも珍しい。キープできない、ポストプレーできない、ヘディング下手って(笑)。
 それでも、延々とボールを追いかけ続けるあの勤勉さは非常に良い。

 永田のセンターバック(というかリベロ)が怖かった。
 ここでも、阿部の登場だ。永田が心もとないと見るや、最終ラインに戻ってしばらく4バックにして永田を落ち着かせたと思ったら、ボランチ戻って相手の10番を見たり、阿部は獅子奮迅の働きだった。
 永田は途中から試合に慣れたのか、とても安定して、見ている方も安心だった。

 啓太も大きな収穫だった。バックパスも多かったけど、機を見て前線にフィードするシーンが何度もあってワクワクした。啓太もあんなことができるんだ。素直に嬉しい。阿部とのバランスも良かった。

 最後の数分間のドタバタは、ご愛敬。こうして経験値を積み上げて盤石のチームを作り上げてほしい。

 試合後、あんな形で「We are Diamonds」を歌ったのは初めて。気分が良かった。ピッチとスタンドが一体になった感じがしたのは錯覚じゃないと思う。
 この試合で、この勝ち方で歌うのかよ、と思った自分は年寄りサポ(笑)。
 最高の気分が週末ずっと続いて、ご機嫌だった。

 でも、あんまり安売りして欲しくないとも思っちゃう。ナビ初戦はちょっと違和感あったな、と思う自分はやっぱり年寄りサポ(笑)。

 札幌戦で得点後に見せたゴールパフォーマンスにも違和感あった。最早年寄りの出る幕はないのかねwwww。

|

« 2009年3月 | トップページ | 2012年4月 »