« [雑感] 第5節 鹿島戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第7節 大宮戦 スカパー »

2012年4月15日 (日)

[観戦記] 第6節 神戸戦

浦和2-0神戸

 浦和は強いとか、勘違いしてしまいそうで怖い。
 でも、ニヤニヤが抑えられないんだよね(笑)。浦和は、昨シーズンやっとJ1に残留できたチームだと、何度も何度も言い聞かせてます。

 マルシオの復活がでかい。ポポの補強が功を奏しているのかどうかはわからないが、復活のひとつの要因なのは間違いなさそう。
 ふたりともとても献身的に動いていて、替えの効かないピースになりつつあるかもしれない。
 元気は前節よりは良かったけど、決め手に欠ける。もっともっと勝負してほしい。

 なんだかんだいって、今節の浦和は強かった。例えは良くないかもしれないが、今節の戦いぶりは鹿島みたいだった…。
 相手の攻撃をかわしていなしているうち、いつの間にか優勢になって、セットプレーか光速カウンターで得点してる。終盤は無理をせず鉄壁の守りながらも、切れ味鋭いカウンターを発動させて加点したりなんだり…。
 終盤のカウンターが決まれば(梅崎が決めれば)もっとそんな印象が強かったと思う。
 もちろん、往年の鹿島とは決定的に違う部分もたくさんあるんだけど。ビルドアップの部分とか。

 神戸は浦和の戦いぶりをかなりスカウティングしてきたようで、前半からゴリゴリと前線にプレスをかけてきた。
 阿部の頭脳的なプレーが目立って以前よりは安心して見ていられたが、坪井の足元が不安…。それと加藤。ごめんよ、坪井、加藤。加藤はかわいそうだよね。みんな出しどころに困って加藤に渡しちゃうから。坪井は狙われていたかも。

 でも、阿部は違う。
 前半の何分だったか、自陣の深いところで阿部がボールを持ってプレスをかけられた。すかさず加藤にパス。当然相手は加藤にまっしぐら。阿部はパスを出したらすぐにタッチライン沿いに動いて、加藤からのリターンを待っていた。ああ、なるほど、こうやってかわすんだ。パス&ムーブのお手本みたいなプレーで、素人目にもわかりやすかった。

 結果的に後半浦和が2点取って、試合の流れも後半の方が浦和優勢で見ていて楽しかった。スイッチの入る瞬間みたいのが垣間見えたような気もしたし。
 しかし、梅崎はシュートがナンですねぇ。何本もあったカウンターのシーンを1本も決められないのは、あんまり良くない。
 元気と梅崎を足して2で割ったようなプレイヤーがほしい(笑)。無理だろうけど。
 ミシャ監督は元気に対してコメントをしているけど、どうなんだろう。動きの鈍い元気よりも梅崎だと思うけど。

 神戸は厳しそう。
 大久保はセンターに居てこそだと思う。ボールの供給源なら野沢がいるのに、その野沢とはほとんど合わない。…っていうか、でかい都倉とツートップを組むのは大久保なんじゃないの?
 そのくらいは考慮の上か…。大久保にボールを集めるのはいいんだが、野沢という選択肢がまったく機能していない。もっとうまくやれるような気がしますが。
 相変わらず大久保は一人相撲が多い印象。主審への体当たりはカッコ悪いよ。

 「しばらくスタジアムに行けない」と書きながら、ちゃっかりやってきました。
 様子見は続きますが。

|

« [雑感] 第5節 鹿島戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第7節 大宮戦 スカパー »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事