« [観戦記] 第6節 神戸戦 | トップページ | [観戦記] 第8節 名古屋戦 スカパー »

2012年4月22日 (日)

[雑感] 第7節 大宮戦 スカパー

大宮2-0浦和

 まんまとやられた。完敗だ。
 キーパーと最終ラインからのビルドアップが不安定で、そこらへんからボールを奪えたらビッグチャンスが生まれる。だから、前線からびゅんびゅんとチェイスしようぜ、と分析したように見えた前節とは、まったく逆の戦術を取られちゃったみたい。

 大宮はなかなか前に出てこない。だから、スペースも生まれない。
 そうこうしているうち前半早々、DFのお見合いというかゾーンディフェンスの穴みたいな微妙なところを突かれて、失点してしまって、前半はすっかり調子が狂ってしまった。
 2点目は、神出鬼没な相手FWの動きを捉えられず、気が付いたらなんでこんなところにラファエルがいるんだよ!という感じで失点。
 ラファエル、浦和戦で仕事し過ぎだよ。

 後半になって浦和は猛攻を仕掛けるけど、どれもいま一歩。惜しいシーンはいくつもあったが、決め切れず無念のゲーム終了だった。
 一時のフィンケサッカーとダブって見えた部分もあったけど、フィンケ時代よりも決定機が多いのは間違いない。

 しかし、引きこもった相手を崩すにはアイディアが足りない。
 もっと、ミドルシュートを打つべきだろうし、サイドはもっと深く抉ったりアーリーでクロスを上げても良さそうだし、ペナルティエリア前でファールを誘うみたいなのがあっても良さそうだし、交代で出てきた原口のポジショニングが悪かったし、ゴールへの執着心とか闘争心とか、いろんな要素が大宮に劣っていたかも。
 まさか、選手にそんな気持ちはないだろうが、「受けて立つ」みたいな試合運びに見えちゃったんだよね…。
 誰とは言わないが、相手に対し危険なエリアで安易に飛び込むシーンが目立ったようにも見えた。

 サポが怒るのもわかる。正直、バスを囲みたくなる気持ちもわかる。
 今季は薄氷を踏む思いで、なんとか勝ちを拾うサッカーを続けてきた。
 以前、「弱者のサッカー(わが家の長男命名(笑)」と書いたことがあったけど、首の皮一枚でつながっているような勝ち方だった。
 いつかは破たんするだろうから、そこから次の段階を模索しなくちゃ、そこからミシャ監督の真価が問われるとか、無責任な評論家みたいなことを言うつもりはないけど、その破綻がダービーという悪いところで出てしまった印象です。

 うまく立て直してほしい。
 このまま夏場を迎えるとフィンケの一年目の悪夢が思い出されるけど、セットプレーで点を取れるマルシオが復調してきているので、あそこまでの落ち込みはないと思いたいが…。

 28日は、強い名古屋が相手で分の悪いアウェイと、これからの浦和を占うにはピッタリの試合。
 奮起を期待します。

|

« [観戦記] 第6節 神戸戦 | トップページ | [観戦記] 第8節 名古屋戦 スカパー »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事