« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の4件の記事

2012年4月22日 (日)

[雑感] 第7節 大宮戦 スカパー

大宮2-0浦和

 まんまとやられた。完敗だ。
 キーパーと最終ラインからのビルドアップが不安定で、そこらへんからボールを奪えたらビッグチャンスが生まれる。だから、前線からびゅんびゅんとチェイスしようぜ、と分析したように見えた前節とは、まったく逆の戦術を取られちゃったみたい。

 大宮はなかなか前に出てこない。だから、スペースも生まれない。
 そうこうしているうち前半早々、DFのお見合いというかゾーンディフェンスの穴みたいな微妙なところを突かれて、失点してしまって、前半はすっかり調子が狂ってしまった。
 2点目は、神出鬼没な相手FWの動きを捉えられず、気が付いたらなんでこんなところにラファエルがいるんだよ!という感じで失点。
 ラファエル、浦和戦で仕事し過ぎだよ。

 後半になって浦和は猛攻を仕掛けるけど、どれもいま一歩。惜しいシーンはいくつもあったが、決め切れず無念のゲーム終了だった。
 一時のフィンケサッカーとダブって見えた部分もあったけど、フィンケ時代よりも決定機が多いのは間違いない。

 しかし、引きこもった相手を崩すにはアイディアが足りない。
 もっと、ミドルシュートを打つべきだろうし、サイドはもっと深く抉ったりアーリーでクロスを上げても良さそうだし、ペナルティエリア前でファールを誘うみたいなのがあっても良さそうだし、交代で出てきた原口のポジショニングが悪かったし、ゴールへの執着心とか闘争心とか、いろんな要素が大宮に劣っていたかも。
 まさか、選手にそんな気持ちはないだろうが、「受けて立つ」みたいな試合運びに見えちゃったんだよね…。
 誰とは言わないが、相手に対し危険なエリアで安易に飛び込むシーンが目立ったようにも見えた。

 サポが怒るのもわかる。正直、バスを囲みたくなる気持ちもわかる。
 今季は薄氷を踏む思いで、なんとか勝ちを拾うサッカーを続けてきた。
 以前、「弱者のサッカー(わが家の長男命名(笑)」と書いたことがあったけど、首の皮一枚でつながっているような勝ち方だった。
 いつかは破たんするだろうから、そこから次の段階を模索しなくちゃ、そこからミシャ監督の真価が問われるとか、無責任な評論家みたいなことを言うつもりはないけど、その破綻がダービーという悪いところで出てしまった印象です。

 うまく立て直してほしい。
 このまま夏場を迎えるとフィンケの一年目の悪夢が思い出されるけど、セットプレーで点を取れるマルシオが復調してきているので、あそこまでの落ち込みはないと思いたいが…。

 28日は、強い名古屋が相手で分の悪いアウェイと、これからの浦和を占うにはピッタリの試合。
 奮起を期待します。

|

2012年4月15日 (日)

[観戦記] 第6節 神戸戦

浦和2-0神戸

 浦和は強いとか、勘違いしてしまいそうで怖い。
 でも、ニヤニヤが抑えられないんだよね(笑)。浦和は、昨シーズンやっとJ1に残留できたチームだと、何度も何度も言い聞かせてます。

 マルシオの復活がでかい。ポポの補強が功を奏しているのかどうかはわからないが、復活のひとつの要因なのは間違いなさそう。
 ふたりともとても献身的に動いていて、替えの効かないピースになりつつあるかもしれない。
 元気は前節よりは良かったけど、決め手に欠ける。もっともっと勝負してほしい。

 なんだかんだいって、今節の浦和は強かった。例えは良くないかもしれないが、今節の戦いぶりは鹿島みたいだった…。
 相手の攻撃をかわしていなしているうち、いつの間にか優勢になって、セットプレーか光速カウンターで得点してる。終盤は無理をせず鉄壁の守りながらも、切れ味鋭いカウンターを発動させて加点したりなんだり…。
 終盤のカウンターが決まれば(梅崎が決めれば)もっとそんな印象が強かったと思う。
 もちろん、往年の鹿島とは決定的に違う部分もたくさんあるんだけど。ビルドアップの部分とか。

 神戸は浦和の戦いぶりをかなりスカウティングしてきたようで、前半からゴリゴリと前線にプレスをかけてきた。
 阿部の頭脳的なプレーが目立って以前よりは安心して見ていられたが、坪井の足元が不安…。それと加藤。ごめんよ、坪井、加藤。加藤はかわいそうだよね。みんな出しどころに困って加藤に渡しちゃうから。坪井は狙われていたかも。

 でも、阿部は違う。
 前半の何分だったか、自陣の深いところで阿部がボールを持ってプレスをかけられた。すかさず加藤にパス。当然相手は加藤にまっしぐら。阿部はパスを出したらすぐにタッチライン沿いに動いて、加藤からのリターンを待っていた。ああ、なるほど、こうやってかわすんだ。パス&ムーブのお手本みたいなプレーで、素人目にもわかりやすかった。

 結果的に後半浦和が2点取って、試合の流れも後半の方が浦和優勢で見ていて楽しかった。スイッチの入る瞬間みたいのが垣間見えたような気もしたし。
 しかし、梅崎はシュートがナンですねぇ。何本もあったカウンターのシーンを1本も決められないのは、あんまり良くない。
 元気と梅崎を足して2で割ったようなプレイヤーがほしい(笑)。無理だろうけど。
 ミシャ監督は元気に対してコメントをしているけど、どうなんだろう。動きの鈍い元気よりも梅崎だと思うけど。

 神戸は厳しそう。
 大久保はセンターに居てこそだと思う。ボールの供給源なら野沢がいるのに、その野沢とはほとんど合わない。…っていうか、でかい都倉とツートップを組むのは大久保なんじゃないの?
 そのくらいは考慮の上か…。大久保にボールを集めるのはいいんだが、野沢という選択肢がまったく機能していない。もっとうまくやれるような気がしますが。
 相変わらず大久保は一人相撲が多い印象。主審への体当たりはカッコ悪いよ。

 「しばらくスタジアムに行けない」と書きながら、ちゃっかりやってきました。
 様子見は続きますが。

|

2012年4月 8日 (日)

[雑感] 第5節 鹿島戦 スカパー

鹿島1-3浦和

 いきなり個人名を上げちゃうのはどうかとも思うが、交代で出て来た元気はひどかった。
 それまで、ポポとマルシオが前線でチェイスしてある程度出所を抑えて、ボールを持ってはある程度キープしてくれていたので、それなりのサッカーになっていた。でも、元気はほとんどそのタスクを遂行してくれない。劣勢をさらに悪化させた。

 スタジアムにいるとなかなか個人の動きは把握しにくい部分があるが、テレビは一目瞭然ですね。
 ボールウォッチャーになっている元気が画面に映って、腹立たしいやら呆れるやら。ケガ開けてもスタメン落ちしていて、腐っているんだろうか。
 ミシャ監督のインタビューや(質問者は元気を名をあげていたけど、ミシャ監督は具体的に誰を差しているわけじゃない一般論)、湯浅さんのレビューにもあった。 
 湯浅さんは元気の名前を挙げて叱咤している。その通り。いまのままじゃダメだよ。

 もったいない。
 あのムラっ気はなんとかならないだろうか。昨年のアレといい、メンタル面をもっともっと鍛えなくちゃ。でも、こればっかりは…。
 元気の話はこれくらいにしておこう。

 浦和サポとしては、勝ってくれたので文句は無い。
 しかも、目の覚めるような攻撃であげた2得点は本当にうれしい。監督の戦術が浸透しつつある証拠だと思う。
 でも、それ以外はやっぱり発展途上。
 弱者のサッカーというか、ツキに恵まれてヨレヨレヨタヨタと勝ち点を重ねている印象が強い。

 それと、前節でも気になったリードしてからの試合運びだ。
 ミシャ監督も相当気にしているようで、後半開始早々、まさかの啓太→小島の交代という手を打ってきた。ホント、まさか(笑)。
 案の定、まったく機能しなくて、ポポ→濱田。おかげで大炎上は免れたけど、冷や冷やものだった。

 なんだかんだ言っても、良くなってますよね。ちゃんとサッカーしてる(笑)。
 しばらくスタジアムに行けないのが本当に残念です。
 スカパーオンデマンドは、ありがたいなぁ。高いけど。

 審判の質はジョルジーニョのおっしゃるとおり。
 この試合は、鹿島にとって本当にひどい判定だったと思う。PKのシーン、大迫のシーン、西を倒したシーン。
 どこのチームも痛い目にあってます。耐えるしかない。
 もし上の何点かが多くの人が正しいと思う判定が下されていたら、別の試合になったのは間違いない。ただ、幻の得点の足し算と引き算で試合が成り立つわけじゃないので。

|

2012年4月 1日 (日)

[観戦記] 第4節 川崎戦

浦和1-1川崎

 ここのところ、立て続けに埼玉スタジアムで良いモノを見せてもらっている。
 浦和の選手が二人も退場した試合なんて、ちょっと記憶が無い(二人退場が良いモノじゃないよww)。更に、同点の浦和を「We are REDS」で鼓舞した。スタジアムが一体になって「守れ!」という意思表示を示したなんてのは皆無じゃなかろうか。
 こういう一体感は得難い。
 試合は決して褒められた内容じゃなかったけど、割と気持ちよく帰ることができた。もちろん、満足したわけじゃない。

 家本主審のジャッジについていろいろ言われている。でも、そんなにひどかったかな。確かに槙野の2枚目は厳しいと思うけどユニを引っ張って倒しているからね。真実はわからないけど…、ゲーム終了のホイッスルも帳尻合わせっぽかったけど…。
 以前の家本さんの乱れっぷりを知っているからかな。
 サポが審判にプレッシャーかけて得られるモノは何もない。

 槙野については、阿部のときのあのバックパスといい…(笑)。精進してください。本人が一番わかっているだろうから。

 試合は、いつも?の浦和のペース。相手に攻めさせておいて、徐々にビルドアップしていく。でも、なかなか上手く行かずにヨタヨタ多数。
 そんなときに、梅崎の高速クロスに合わせたポポのヘッドが決まって先制。
 反対側にいたので、詳細はまったくわからなかった(笑)。誰かがヘディングで決めた? え! まさかのポポって感じ(笑)。

 ポポさん、背が高くないのに立派なもんです。2列目と全然合わなかったのが、徐々に合い始めたのかと思ったけど、合ったのは得点シーンの一度だけwww。ほかはまったく…。
 それでも、一度だけのチャンスを確実に決めるのはすばらしい。

 余裕をかますわけじゃないが、終わり10分+αの川崎はチキンだった。攻撃のときに、自陣に4人も5人も残して一体何考えているんだろう。
 結局は監督がチキンなんだろうけど。あれで救われた。

 それと、小松の交代。あれで、浦和は随分と楽になった。上背があってやられることが多かったヤツがいなくなって、助かっちゃった(笑)。パワープレーの主役だろうに。
 あんなシーンでもスタイルに拘っちゃう相馬監督は素敵と言えば素敵だけど、浦和は守備の要が二人退場しているんだから、なりふり構わず勝利を奪いに行く姿勢を見せないと厳しいよね。

 ともかく、勝ち点1を拾ったというか、なんというか。
 阿部と槙野のレッドはナビスコで消化できるそうで。ありがたいことです。
 

|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »