« [雑感] 第10節 磐田戦 スカパー | トップページ | [観戦記] 第12節 清水戦 »

2012年5月13日 (日)

[観戦記] 第11節 新潟戦

浦和1-1新潟

 試合開始10分くらいで得点が生まれた。
 喜ばしいことなのだが、実はイヤぁ~な感じがした。得点したのに何だよ!とはその通りですが、今期の浦和は先制点のあとまったりとしてしまう傾向があるから。まったりとしたあとなかなかエンジンがかからないことがあるから…。
 実際スタジアムで見ていても新潟のマークは緩々で「新潟弱えぇぇ!」とすら思った。これならいったい今日は何点取ってくれるんだ、なんて能天気なことを考えもした。

 案の定、得点後ピッチからはまったりとした空気が伝わってきて、スタジアム全体を覆い尽くしてしまったように見えてしまった。
 ピリッとしない空気に包まれて、一歩の出足が遅くなっていく。それでも、新潟のディフェンスは緩々なので、このままやっていけば必ず加点できると思った。
 素人のぼくが思ったからといって、ピッチの選手たちが同じことを考えたとは思わないが、そんな空気がまん延したように見えてしまった。エアポケットみたいなものだろうか。

 そんな空気に絡め取られるように攻撃陣が外しまくっているうちに、またまた、わけのわからない失点をしてしまう。
 いったいなぜ、ああいった失点をしてしまうのだろう。ミシャ監督もわかっているはずなのに修正できないのはなぜだろう。
 ゾーンとゾーンの境界の守備が難しいのはわかるが、今期の似たような失点は、受け渡しとか言っている距離じゃないよね。ああいう密集でボールウォッチャーはまずい。
 現場の選手の判断で、密集の場合とか適宜マンマークに切り替えてみればとか、素人は思っちゃうわけです。
 
 平川の交代も痛かった。
 変わって入った宇賀神はほとんど試合に入り込めない。おのずと浦和の攻撃は左サイドに偏重していく。だから、新潟は守り易い。
 あれって、宇賀神個人というよりも、坪井と宇賀神の連携が原因のようにも思う。
 平川と坪井は、ユニバの代表時代から数えれば10数年いっしょにやっている間柄だから、アウンの呼吸があるのでしょうね。
 宇賀神が右サイドもできるんだと初めて知った次第です。
 逆に左サイドは槙野が最近とても良い。

 後半になって、柏木とマルシオを抑えられるともう手も足も出ない。
 新潟守備陣がグダグダだった前半のうちに、もう一点くらいとっておけば…と仮定の話をしてもしょうがないけど、そう思いたくもなる試合でした。
 後半は互角の戦いで、どっちに転んでもおかしくない展開だった。
 
 こうして引き分けに終わった。
 しかし、残念な引き分けには違いないが、ブーイングする気にはなれません。だって、浦和は前期15位でやっとJ1に残留できたチームですよ。
 「浦和は常勝を義務付けられている」なんて、マスコミが勝手に作り上げた幻想だよ。踊らされるな。
 ミシャ監督のもとでやろうとしていることもはっきりしているし、それに合わせて選手の意識も向上しているし、少しずつ少しずつ良くなっているのが感じられるじゃありませんか。
 
 よく「浦和には代表クラスの良い選手がそろっていて云々」と聞くけど、んなこたぁない。現実は違うでしょ?
 今節のベンチを見たって、攻撃陣で期待できそうなのはセルヒオくらいのものです。ミシャ監督はこの陣容でよくやっています。
 できればこの夏、もっと使えそうなFWを獲得してくれないものかと思うんだけど…。

 それにしても、いかに不人気新潟戦とはいえ、北風ビュービューの寒い日とはいえ、ホーム埼玉スタジアムで31,818人とは…。信頼回復が急務ですね。

|

« [雑感] 第10節 磐田戦 スカパー | トップページ | [観戦記] 第12節 清水戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事