« [観戦記] 第12節 清水戦 | トップページ | [雑感] W杯最終予選 オマーン戦 BS »

2012年5月27日 (日)

[観戦記] 第13節 東京戦 BS

FC東京1-1浦和

 痺れましたね。本当に良い試合だった。引き分けに終わってしまったけど、満足感が大きいという珍しい試合だった。でも、勝ちたかったな。

 浦和はいつも通りです。
 ただし、前節と同じように、ショートパスに斜めのロングボールも使用する展開だった。中央を崩しつつ、サイドからも攻撃する。あれを「引きこもりサッカー」とか言われちゃうと腹も立つ。

 ビルドアップの時は最終ラインに阿部が入って4バックを形成し、前線には5人が一列に並ぶ。阿部が持ち上がって縦パスを入れたりして、3バックになったり、場合によっては槙野まで飛び出して2バックになっちゃう。
 今節と前節は、中央から縦パスを入れるだけでなく、開いた両サイドへロングパスを入れて緩急をつけていただけ。センターに居た啓太からもサイドへ出ていたよね。

 浦和が引きこもってカウンターを狙っていたと言われちゃうと、どこを見てたの?と言いたくなる。ビルドアップで結構崩していたでしょ?
 相手にボールを奪われると、両サイドが下がって3バックと一体化して5バックになる。で、ラインを若干低めにとる。これかな。試合後の森重のコメントに見えた「引かれた相手」って。

 この戦い方を徹底してやり続ける浦和に対し、東京は序盤は全然フォアチャックをしてこなかった。
 東京の戦い方は前線からの強烈にプレスをかけて、高い位置でボールを奪ってショートカウンターというイメージがあったので、ちょっと意外だった。
 一転して後半は前線からのプレスがきつくなって浦和は四苦八苦。浦和のサッカーは体力の消耗が激しいので、意図してそこを突かれたのかもしれない。

 梶山にほとんど仕事をさせない阿部と啓太、高橋と長谷川にほとんど仕事をさせてもらえない柏木。サイドでも随所にぶつかり合い見られて、本当に質の高い試合だったと思う。
 そんな中でも、マークをかいくぐってチャンスを作り出すマルシオがすごい。

 残念だったのは今節も梅崎…。そして、交代で出てきた元気。
 もちろん、ふたりともソコソコに持ち味を発揮していたんだが、あんなものじゃないでしょう。もっともっと、良いプレーができることをぼくらは知っている。
 梅崎の球離れの悪さと判断の遅さ、元気の判断の遅さと運動量の少なさはなんとかならないものだろうか。

 前半の何分だったか忘れたけど梅崎がボールを持ったとき、間髪を入れず前線でポポが動き出していた。でも、梅崎は出さない。フリーでボールを持っているのに…。そりゃポポさん怒るって。テレビ画面にしっかり見えてました。
 今節も献身的に前線でプレスをかけ続けるポポに代わって元気。今節は動いたいたように見えたが、どれもあまり本気でなさそうなアリバイプレス…。
 それでも、最後で決めてくれれば存在価値があるってものだけど、あれでは…。

 宇賀神はいいね。左右どっちも問題なくできるみたいだし。
 レギュラーの平均年齢が高いので、これからの季節がとても心配なんだけど、ミシャサッカーの要とも言える運動量を要求されるサイドで左右両方できる宇賀神が台頭してきたことは喜ばしい。

 中断期間も疲労を取りつつしっかりと練習して、さらに連携を深めてほしい。

 以上、感じたことをツラツラと書いちゃったけど、テレビなんで。申し訳ない。

|

« [観戦記] 第12節 清水戦 | トップページ | [雑感] W杯最終予選 オマーン戦 BS »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事