« [観戦記] 第8節 名古屋戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第10節 磐田戦 スカパー »

2012年5月 4日 (金)

[観戦記] 第9節 横浜戦

浦和1-2横浜

 別メニューが伝えられていた柏木と平川がスタメン。
 ゲームが始まってみると、平川は問題無さそうだが、柏木の身体が重そう。案の定、いつもより判断が遅くキックの精度も低い。それでも果敢にプレスを掛け、ボールを捌く姿に琴線を刺激された。しかし、本調子でないので簡単にボールを奪われたりパスが正確でなかったり。
 本人は反省のコメントを出していますが、好不調は誰でもあることだから仕方ない。これがある意味今の浦和の限界。

 柏木がいた前半と居なくなった後半じゃ、別のサッカーだった。
 後半代わって入った原口元気はまったく機能しない。元気のボールへの献身ぶりとボールキープと運動量は柏木のそれとは雲泥の差なので、浦和はリズムが生み出せない。
 いい加減、ミシャ監督のサッカーを理解しろって>元気。キープ力はどうしようもないか…。スタイルが違うし…。
 元気の見せ場は、後半の36分過ぎころだったか、左サイドに切れ込んでボールを受けてコーナーキックを得た場面くらい。
 それでも、梅崎と被るシーンはなかったので、成長は窺えるのだが…。

 攻撃時は確かに、平川、ポポ、梅崎に、柏木とマルシオが前線に入って5人が並ぶ格好になるが、柏木とマルシオは適宜中盤に下がってボールを受けてリズムを作っている。
 それが後半マルシオのみになると、まったくリズムが生まれない。前線で動きが少ないので、有効な縦パスを入れられない。受け手がいない。
 
 今季浦和が得意としている電光石火のカウンターも不発のまま。
 カウンター不発の原因は、横浜が前線からプレスをかけてこなくて、前の大宮みたいな戦い方をしていたせいもある。
 それでもね、前半は柏木が緩急のリズムを作って見せ場を作っていた。調子が良ければ、ビッグチャンスになりそうな場面が何度もあった。

 ミシャ監督も元気の鈍さがわかったのか、啓太→小島で中盤を活性化させようとするも、こちらも機能しない。
 さらに、坪井→ランコという大バクチに打ってでるも不発。でも、ごめん、ランコには期待していない。ランコはサッカーが苦手みたいだから。トラップ、ヘディング、キックのどれも得意そうじゃなくて…。

 残念なのは集中しなくてはいけないコーナーキックの場面で、なんとマルキーニョスをフリーにしてしまったこと。悔やまれます。マークが徹底できていなかったのかな。
 立ち上がり、槙野がビッグチャンスを決められなかったのが、ゲームを象徴していたように思えます。後半渾身のシュートで同点ゴールをたたき込んだDFに酷な言い方かもしれないけど。
 ああいう場面で決めておかないと後から苦しくなりますよね。

 ピッチを見つめながら、直樹がいたらもう少し…、とか思ってしまった。
 数日前退院したというニュースを見ました。じっくり直して、早く戻ってきて>直樹。矛盾してる?(笑)。

 さ、切り替えて次節。

|

« [観戦記] 第8節 名古屋戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第10節 磐田戦 スカパー »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事