« [雑感] 第14節 G大阪戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第16節 C大阪戦 BS »

2012年6月25日 (月)

[観戦記] 第15節 仙台戦

浦和0-0仙台

 冷静に戦力と戦術の熟成度を見極めて、現実的な選択をしているミシャ監督を支持します。
 浦和は昨シーズンやっとJ1に残留できたリーグ15位のチームだ。しかも現在は新監督の元で新しいサッカーにトライ中。
 その上、この日は不動の右サイドの平川と不動のボランチで新境地を開いている啓太の二人が欠場し、変わって宇賀神と小島秀仁が先発するというリスクも抱えていた。

 いつも以上に守備的に、いつも以上にDFラインを下げて、仙台の強力なカウンターを警戒するのは仕方ない選択だった。
 実際、宇賀神と永田の連携不備で不用意なコーナーキックを与えたり、あそこに啓太が居れば阿部からボールが渡って啓太はこう展開したかな、というシーンが何度もあった。

 まだまだチームメイトからの信頼は薄いようですが、小島は時折光るプレーがありますね。
 元気を走らせようと割と深い位置から鋭いスルーパスを出したり。でも、反応できない元気。足元にくれ!みたいなジェスチャーをしていたけど、あれは元気の課題だよね。
 それでも、いままでは足元のボール一辺倒だったのが、裏への意識が出てきた元気はまだまだプレーに幅がでるはず。

 オフサイドの山は仕方ない。
 足元で受けるのか裏をとるのか、パスをするのはシュートを打つのか、そのあたりの判断が周囲と合うようになれば、前節みたいなシーンがもっと生まれるはず。
 前線からの守備も要所要所で見せてくれるようになってきた。

 この日は、前線からプレスをする選手がほとんどいなかったので、ハーフラインを超えないとプレスをしない、みたいな約束事でもあったのかもしれません。
 そんな中でも、元気がスライディングでボールカットするシーンを見られて、嬉しかった。
 でも、もっともっとできる。原口元気は、もっともっとできるよ。

 仙台も徹底していた。
 浦和をおびき寄せるようにバックラインでボールを回すけど、こっちもわかっているから元気も柏木もマルシオも食いつかない。スタジアムからはブーイングの嵐。
 痺れを切らした仙台DFが苦し紛れのパスを出して自滅するシーンが何度も見られた。
 どこかで見たなと思ったら、4月、大宮が浦和に対してやっていた。浦和は手も足も出ず完敗した試合だった。

 浦和がボールを持つと、DFラインを割りと高めに敷いて前線から浦和ボールホルダーに強烈なプレスを浴びせる。中盤に生まれたスペースで小島秀仁がフリーでいるシーンが何度も見られたけど、そこにボールが出ることは少なかった。
 連携不足もあるだろうし先に書いたとおり小島への信頼感不足もあるでしょう。
 攻めのセンスを買われての先発起用なのに、見どころの少ないままの交代は残念だった。もっと積極的に行っても良いと思う。っていうか、もっと阿部の仕事を奪わないと阿部が過労死しちゃうよ。運動量が少なすぎ。もっと自分から仕事を探さないと>小島。

 後半になってもスペースを作れない仙台はほとんど攻め手無し。
 浦和は、リトリートから効果的なカウンターで何度も相手陣内に攻め入って惜しいシーンを連発した。でも、消化不良な感じが消えないのはラストパスのいい加減さというか不正確さが原因でしょうか。
 宇賀神にしろ梅崎にしろ柏木にしろラストパスの精度が良くない。正確なラストパスが通ってゴール前でクロスプレーになっていれば、もうちょっとカタルシスがあったかも。
 宇賀神は、同じような位置からワンパターンに蹴り上げるばかりで工夫が見られない。もっと、ペナルティエリア奥深くに切り込んでいってもおもしろいと思うのだが…。

 それでも、専守防衛から少しギアチェンジした後半の浦和はかなり見せ場を作ることができていた。
 久しぶりの達也のあわやゴール、のシーンも見られたし。決して満足しているわけじゃないけど、納得しています。

 冒頭に書いたとおり、ミシャ監督を支持します。
 交代で出てくるのが36歳の暢久と開幕戦以来の達也と新人の矢島とか。こんな選手層の薄い中で、よくやっていると思う。暢久のボール奪取には痺れたけど…(笑)。

 おもしろい試合をして勝つのは理想。でも、ホームだからといって、不用意な戦い方をして負けたら元も子もない。現実を受け止めよう。
 

|

« [雑感] 第14節 G大阪戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第16節 C大阪戦 BS »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事