« [雑感] ナビスコ 鳥栖戦 スカパー | トップページ | [雑感] W杯最終予選 オーストラリア戦 BS »

2012年6月 9日 (土)

[雑感] W杯最終予選 ヨルダン戦 BS

日本6-0ヨルダン

 史上最強の日本代表ですね。日本代表どころか、AFC史上最強チームと言っても言いすぎじゃないかも。
 あの難敵ヨルダン、過去に厳しい戦いを強いられてきたヨルダンをここまで突き放して、完璧に勝利を収めてしまうなんて、誰も予想できなかった展開かも知れません。

 何が凄いって、キックオフと同時に点を取りに行って、本当に得点できる力。1点取っても力を緩めることなく、2点目を取りに行き更に3点4点とたたみかける意志を伴ったタフな精神力。
 あまりに完璧すぎて感情移入できなくて、どこか別の国の代表を見ているような錯覚にさえ陥った。

 6点取った攻撃が目立つけど、実はディフェンスが凄かったように思う。
 中盤で相手ボールホルダーに襲いかかってマイボールにしてしまうシーンが何度も何度も見られた。襲いかかっていくのは長谷部だったり遠藤だったり、場合によっては香川だったり岡崎だったり長友だったり。

 前から後ろから退路を塞いで、場合によっては連動して三方向からブロックしてボールを奪ってしまう。見事としか言いようがない。
 こうして奪ったボールを、前に運んで即座に攻撃に転じる。ボールが送られる先は、サイドだったり中央だったり。
 どちらにしても、スペースを作ってそのスペースを使おうという全員の意思統一が完璧にできているので、あれよあれよと相手ディフェンスに穴が空いていく。
 もちろん、前線に穴が無いと見るとバックに戻して隙をうかがう。緩急自在のすばらしいサッカーだった。

 全員が良かったけど、特にこの日は遠藤が冴え渡っていましたね。大勝の大きな要因のひとつだと思う。
 オマーン戦では今ひとつに見えた遠藤が、右に左にボールを散らして攻撃を操っていた。決定的なスルーパス、決定的なサイドチェンジを何度成功させたことか。

 しかし、ガンバ大阪を見ていないのでわからないけど、もし遠藤と今野が不調で今シーズンのガンバ不調の原因のひとつだったとしたら、浦和サポとしては復活は素直に喜べない面もありますけど(笑)。
 代表の良いイメージを持ってガンバに帰った二人がそのまんまチームを活性化させてしまったらやっかいだなぁ、とか(笑)。
 
 でかい奴らが揃ったオーストラリア戦を前に、戦える吉田の負傷が不運ではありましたが、栗原というセットプレーで無類の強さを発揮するDFがいるわけだし。(栗原には先日やられたばかりで、脳内リプレイがありました) 伊野波も使えることがわかったし。プラス思考で考えるしかない。
 アウェイで迎えるオーストラリア戦、興味は尽きません。

|

« [雑感] ナビスコ 鳥栖戦 スカパー | トップページ | [雑感] W杯最終予選 オーストラリア戦 BS »

観戦記:日本代表」カテゴリの記事