« [観戦記] 第13節 東京戦 BS | トップページ | [雑感] ナビスコ 鳥栖戦 スカパー »

2012年6月 4日 (月)

[雑感] W杯最終予選 オマーン戦 BS

日本3-0オマーン

 アゼルバイジャン戦のとき、テレビ画面に映った本田の歩き方がおかしく見えて、まだまだ本調子には程遠いと思ったんだけど、きっちり本番に合わせてきましたね。
 先発メンバーを見ると、前田と遠藤と今野以外全員がヨーロッパでプレーしている。しばし感慨に耽る。
 だけど、いろいろとミスが目立った。連携面のミスというよりも、個人のミスが多い感じだったのがいまひとつ喜びきれない原因でしょうか。

 しかし、攻撃に行ってハマった時は見事だった。
 アゼルバイジャン戦のとき、まったく目立たなかった両サイドが目立つ目立つ。本戦に向けて隠していたのかな。
 特に左サイドが良くて、本田・香川・長友が絡んで何回もチャンスを生み出していた。得点もここから。流れるような攻撃は見事だった。バルサみたい、とか言ったら笑われそうだけど、異次元だった。

 対して右サイドは不安。ゲーム開始直後は頻繁に攻め上がっていた内田が徐々に姿を消していく。たまに良さそうな位置でボールを受けても前に運ばず後ろへ流しちゃう。挙句セルフジャッジ。
 もしかして、岡崎と内田の連携が悪いんだろうか。
 たまらず、酒井に交代させられた内田は、いよいよ尻に火が付いてきた? 尤も、酒井の出来もそれほど良くなくて火をつけるほどではなかったというのが正直な感想です。

 もっと心配なのが、遠藤かもしれない。
 ほとんど仕事らしい仕事ができていなかったように思う。あれなら、細貝と長谷部のダブルボランチで良いんじゃない?
 長谷部は元々攻撃力あるし、ドリブルもうまいし。
 細貝を専守防衛役にして。あるいは、高橋秀人とか?

 結果論で申し訳ないけど、初戦がオマーンでよかった。つくづく日本は恵まれている。
 しっかり準備して次戦に備えてほしい。

|

« [観戦記] 第13節 東京戦 BS | トップページ | [雑感] ナビスコ 鳥栖戦 スカパー »

観戦記:日本代表」カテゴリの記事