« [観戦記] 第17節 鳥栖戦 | トップページ | [イベント]浦和駒場スタジアムリニューアル記念イベント »

2012年7月17日 (火)

[雑感] 第18節 新潟戦 スカパー

新潟0-0浦和

 なかなかうまくいかない。この日の新潟みたいに、人数をかけて守られると手も足も出ません。
 相手のボランチまで含めるとかなりの人数が守備に回って、浦和の攻撃を封じていた。それくらい新潟の守備は良かったですね。
 一時の浦和みたいにリトリートするわけではなくて、ハーフラインから少し自陣寄りにブロックを作って跳ね返していた。

 ほぼ完ぺきに封じられたのが、柏木とマルシオ。
 ボールが入り易いように離して誘う。柏木とマルシオにボールが入りそうだと見るや一気に寄せてくる。
 そんなときは両サイドから展開できるのが今の浦和の強みなんだけど、両サイドもそれほど顕著な働きができていない。
 いままでと両サイドのリズムが違ったような気がしたけど、スタジアムで確認したい。

 降格圏内のホームチームが痩せても枯れてもリーグ戦3位のチームを相手にしたら、あんな風に守備的になってしまうのも仕方ない。浦和もホームで似たような試合をやったばかりなので偉そうなことは言えません。
 攻め手を封じられた浦和は、徐々に減速してほとんど打つ手なし。出しどころを封じられて苦し紛れに出したパスをカットされてばかり。

 ミシャ監督のサッカーは体力勝負だからか、徐々にバックラインが間延びして、バランスが悪くなった。
 お互いに相手の長所を消すような試合展開、と書くと良いイメージになるけど、結局のところ凡戦だった。ラストパスが通ってクロスプレーのシーンが何度もあれば締まった印象を持つんだろうけど、どちらもラストパスの精度が悪いし。

 ……と書いていたら、立て続けに若手移籍のニュース。
 大事なバックアップ要員だと思っていた選手なんだけど、考えがあってのことでしょう。
 これから、真夏のサッカーを、ミシャ監督がどうアレンジしていくのか興味がつきない。

|

« [観戦記] 第17節 鳥栖戦 | トップページ | [イベント]浦和駒場スタジアムリニューアル記念イベント »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事