« [イベント]浦和駒場スタジアムリニューアル記念イベント | トップページ | [雑感] 第19節 磐田戦 テレ玉 »

2012年7月27日 (金)

[雑感] ロンドン五輪 スペイン戦 NHK

日本1-0スペイン

 メディアは「グラスゴーの奇跡」一色。
 そんな切り口で煽りたいのはわからなくもないが、実際は奇跡でも何でもなかった。

 日本の方が良い準備をして試合に臨んだ。一方スペインは、明らかに準備不足で動きも悪かった。個人能力の差は、組織と連携の完成度で埋められてしまった。
 日本は守備が抜群に良かった。相手ボールホルダーに対して二人三人と寄せていってボールを奪い返す動きは圧巻だった。
 メンタル面もいい。苛立ちを隠そうともせずラフプレーを繰り返す相手に対し、冷静に対応できたことも賞賛に値する。

 前半はずっと大津が狙われていた、ように見えた。
 大津がボールを持つとスゥーっと寄せられてボールを奪われてしまう。大津のトラップが流れることを読んでいたようにボールを奪われてしまう。出所を抑えられて出した苦し紛れのパスを奪われてしまう。
 そんな大津が唯一の得点を上げてしまうんだから、サッカーはわからない。
 試合後、ベンチで泣いていたのが印象的だった。がんばれ、大津。

 それと永井。ありゃ、バケモンだね。
 驚異としか思えないがんばりだった。たしかに、チャンスをたくさん外したけど、あれだけ走りまくっての後半だから、体力的に仕方ない面もあると思う。
 しかし、あれらを決めてこそストライカー。しかし、相手にしたら、ものすごく嫌なタイプだよね。奮起してください。ただし、レッズ戦以外で。

 清武にしろ山口にしろ東にしろ扇原にしろ、最高のパフォーマンスだった。
 オーバーエイジの吉田と徳永が効いていたし、宇佐美を外して起用した東も良かったし、関塚監督の采配も良かったと思う。良いチームを作り上げた。

 次はモロッコ。
 こうなったら全勝で一次リーグ一位通過しよう。二位通過だと準々決勝でいきなりブラジルと当たっちゃう、たぶん。一位通過なら、決勝まで大丈夫だよね(笑)。

|

« [イベント]浦和駒場スタジアムリニューアル記念イベント | トップページ | [雑感] 第19節 磐田戦 テレ玉 »

観戦記:日本代表」カテゴリの記事