« [雑感] 第19節 磐田戦 テレ玉 | トップページ | [雑感] 第22節 鹿島戦 BS »

2012年8月 5日 (日)

[観戦記] 第20節 FC東京戦

Img_1330blog

浦和2-2FC東京

 そりゃ徳永はロンドンオリンピックで頑張ってる。
 でも、自慢なのかナンなのか知らないけど、自称エスプリの効いた東京サポに、試合に出場していない徳永コールとかされるとやっぱり腹が立つ(笑)。っていうかちょっとうらやましい(笑)。

 「代表なんて!」と思った時期が長かったけど、腹立たしいのは代表に偏重したマスコミの報道姿勢と協会の姿勢と代表の試合だけ騒ぐ人たちだと気がついてから、軽い気持ちで受容できるようになった。
 今回のオリンピックとかワールドカップとか見ていると、あの場に立ちたくない選手はいないよね。
 
 5月のアウェイの記憶もあって気分は上々。スタンドは空席が目立つけど、「ユルネバ」にブーイングして、久々のエジミウソンにブーイングして前半に2得点して、気持ち良く帰宅してオリンピックを見るはずだった。

 話の流れを切っちゃうけど、エジミウソン太ってたね。後半、超危険な石川に代わって出て来たけどまったく仕事にならず。東京の監督に感謝したいくらい。
 こっちのポポも自爆を繰り返していたけど……。

 この日のポイントは、サスペンドで欠場した柏木の穴をどう埋めるか。

 ミシャ監督が出した答えは、梅崎だった。

 浦和に入ってからは前目のサイドハーフしか見たことがなかったけど(っていうかケガが長くてあんまり見てない)、梅崎って大分時代はトップ下だったよね? もしかして正解?

 2点目、相手DF3人を引き連れてマルシオに正確なクロスを送ったときは良かった。
 最初はピッチから梅崎の戸惑いが伝わってくる感じだった。自分から必死に仕事を探しているのはわかったが、自分がやるべきことか否かについて戸惑い続けた感じ。
 あの位置が攻守に鈍重になると全体に影響がある。マルシオひとりでまかないきれるものじゃない。
 それでも、前半だけ見れば、選択肢のひとつとして最低限の結果は残せたと思う。

 後半はひどかった。ピッチに立つ全員から覇気が抜け落ちたように、いま一歩が出ない。前半の2得点で安心しちゃった? 権田なら止められていたんじゃない? 
 攻められっぱなし。原因は、中村北斗を入れてバックを3枚にして中盤を厚くし、ルーカスをトップに上げたことでしょうか。トップのルーカスがボールを収めてタメを作ってくれるので、長谷川や米本や石川あたりがどんどん上がってきちゃう。こっちはそいつらを捕まえ切れない。更に梶山が入って穴は広がる。

 たまに浦和がボールを奪っても足元へのパスが狙われて、まったくボールが前に運べない。前でタメを作れるヤツがいない。
 疲れもあったろうけど、2点を追いつかれる展開は見ているこちらも疲れる。
 
 加藤のフィードはなんとかならないか。加藤のフィードがダメで、せっかくのマイボールを失うこと数度。とうとうフィードミスからのスローインから同点にされてしまった。
 ここんとこ加藤は目立ちすぎ。

 目立つと言えば審判。審判にグダグダ言ってもどうしようもないんだけど、ひとことだけ言っておきたい。
 
 あれはハンドです。

|

« [雑感] 第19節 磐田戦 テレ玉 | トップページ | [雑感] 第22節 鹿島戦 BS »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事