« [雑感] 第22節 鹿島戦 BS | トップページ | [観戦記] 第24節 大宮戦 »

2012年8月27日 (月)

[雑感] 第23節 清水戦 スカパー

清水0-2浦和

 FC東京戦、鹿島戦のリプレイを見るようでした。
 違ったのは、完封して勝てたことと、押し込まれるシーンが多かった後半でも前2試合より多少は押し返す時間があったこと。
 ただ、押し返すことができたのは、浦和の力というよりも相手のおかげな部分が多いと思います。

 清水の急造DFラインは、敵ながらちょっとかわいそうでしたね。
 あればっかりは選手のせいというよりも監督のせいでしょう。特に宇賀神(相手の右サイド)が穴で、宇賀神の良いようにやられてました。
 浦和のストロングポイントはサイドだと誰が見てもわかるはずなのに、大切なDFラインにほとんど実績の無い選手をふたりも並べるなんて、ゴドビさんはギャンブルしすぎです。
 
 その新人は、後半あっけなく高原と交代。プロの監督だから、ちゃんとメンタルケアしての交代でしょうけど、ひどい使われ方だった。
 その高原がリズムを作っていましたね。それでも単発なので、ほとんど得点の臭いがしなかった。
 韓国五輪代表というFWも周囲とまったくかみ合わず、苛立ちが画面から伝わってくるようでした。気持ち良かった(笑)。

 後半押し込まれたのは、選手個々に原因が無いのは明らかです。これは重ねるごとにわかってきたので、何も心配していません。
 それどころか、前半飛ばして得点を奪って、後半は少し引いて守って一発カウンターを狙う戦法もいいかもしれない。実は、ミシャ監督と選手たちは意識してそんな戦い方をしているような気さえしています。

 それにしても、ミシャ監督のサッカーはたいへんすぎる。
 特に宇賀神と平川の両サイドの負担は相当なものですよね。シーズン当初は、平川と梅崎しかいなくて夏が心配だったけど、いまは宇賀神が出てきて、野田という4枚目も登場してきた。
 しかし、野田は安定しませんねぇ。この日のパフォーマンスだと厳しい。

 特にこの日は、宇賀神の出来が良かったので(相手DFに恵まれたとも言えますが)、野田の不出来が余計目立ってしまいました。
 やってやろう!という意気込みは伝わってくるんだけど、どこか空回りしてしまうように見える。
 なぜか簡単なトラップや判断ができなくなるという悪循環は、メンタル的な部分が大きいような気がしてしまった。

 対照的に梅崎はインサイドハーフの動きに慣れてきたようですね。1点目のランニングとシュートは見事だった。2点目のPKにつながったボール奪取とドリブルも見事でした。
 チームは成長していますよね。つい最近まで柏木のいない浦和なんて考えられなかったのに。

 次節は埼スタで大宮戦。
 ベルデニック監督になって少しは良くなる兆しがあったのに、ここのところ勝ててません。気がつけば、下には札幌しかいないという状況です。ベルデニックは即効性のある監督じゃありませんからね。
 浦和戦になると鬼神の活躍を見せるラファエルは、残念ながら移籍してしまいました。できればラファエルの大宮に雪辱したかったところですが、仕方ありません。しっかりと引導を渡してやりましょう。
 受け止める姿勢でなく、攻めの姿勢でガツガツ行ってほしい。

|

« [雑感] 第22節 鹿島戦 BS | トップページ | [観戦記] 第24節 大宮戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事