« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月の3件の記事

2012年8月27日 (月)

[雑感] 第23節 清水戦 スカパー

清水0-2浦和

 FC東京戦、鹿島戦のリプレイを見るようでした。
 違ったのは、完封して勝てたことと、押し込まれるシーンが多かった後半でも前2試合より多少は押し返す時間があったこと。
 ただ、押し返すことができたのは、浦和の力というよりも相手のおかげな部分が多いと思います。

 清水の急造DFラインは、敵ながらちょっとかわいそうでしたね。
 あればっかりは選手のせいというよりも監督のせいでしょう。特に宇賀神(相手の右サイド)が穴で、宇賀神の良いようにやられてました。
 浦和のストロングポイントはサイドだと誰が見てもわかるはずなのに、大切なDFラインにほとんど実績の無い選手をふたりも並べるなんて、ゴドビさんはギャンブルしすぎです。
 
 その新人は、後半あっけなく高原と交代。プロの監督だから、ちゃんとメンタルケアしての交代でしょうけど、ひどい使われ方だった。
 その高原がリズムを作っていましたね。それでも単発なので、ほとんど得点の臭いがしなかった。
 韓国五輪代表というFWも周囲とまったくかみ合わず、苛立ちが画面から伝わってくるようでした。気持ち良かった(笑)。

 後半押し込まれたのは、選手個々に原因が無いのは明らかです。これは重ねるごとにわかってきたので、何も心配していません。
 それどころか、前半飛ばして得点を奪って、後半は少し引いて守って一発カウンターを狙う戦法もいいかもしれない。実は、ミシャ監督と選手たちは意識してそんな戦い方をしているような気さえしています。

 それにしても、ミシャ監督のサッカーはたいへんすぎる。
 特に宇賀神と平川の両サイドの負担は相当なものですよね。シーズン当初は、平川と梅崎しかいなくて夏が心配だったけど、いまは宇賀神が出てきて、野田という4枚目も登場してきた。
 しかし、野田は安定しませんねぇ。この日のパフォーマンスだと厳しい。

 特にこの日は、宇賀神の出来が良かったので(相手DFに恵まれたとも言えますが)、野田の不出来が余計目立ってしまいました。
 やってやろう!という意気込みは伝わってくるんだけど、どこか空回りしてしまうように見える。
 なぜか簡単なトラップや判断ができなくなるという悪循環は、メンタル的な部分が大きいような気がしてしまった。

 対照的に梅崎はインサイドハーフの動きに慣れてきたようですね。1点目のランニングとシュートは見事だった。2点目のPKにつながったボール奪取とドリブルも見事でした。
 チームは成長していますよね。つい最近まで柏木のいない浦和なんて考えられなかったのに。

 次節は埼スタで大宮戦。
 ベルデニック監督になって少しは良くなる兆しがあったのに、ここのところ勝ててません。気がつけば、下には札幌しかいないという状況です。ベルデニックは即効性のある監督じゃありませんからね。
 浦和戦になると鬼神の活躍を見せるラファエルは、残念ながら移籍してしまいました。できればラファエルの大宮に雪辱したかったところですが、仕方ありません。しっかりと引導を渡してやりましょう。
 受け止める姿勢でなく、攻めの姿勢でガツガツ行ってほしい。

|

2012年8月20日 (月)

[雑感] 第22節 鹿島戦 BS

 FC東京戦を思い出しましたね。
 相手を圧倒して前半2点リードが同じなら、後半攻め込まれて防戦一方になったのも同じ。今節は勝ったから良かったものの、心臓に悪い勝ち方でした。
 運動量を要求されるサッカーの宿命でしょうか。
 
 鹿島は前半はまったくプレスをかけて来ず、あからさまなカウンター狙い。ひでぇサッカーだなと思ったけど、今にして思えば、前半力をセーブしておいて、浦和が疲れる後半に勝負をかける戦い方だったのでしょう。
 案の定、後半の浦和は失速して鹿島の思うつぼだったわけだから。
 逆に言えば、鹿島が岩政らのバックに負担がかかる戦い方を選択してくれたお陰で、前半に2点を先行できたとも言える。

 前半は、宇賀神が目立ってましたね。
 あの運動量と思い切りの良さに、ラストパスの精度が加われば、鬼に金棒でしょう。内を見ているんだろうけど、ラストパスがアバウト過ぎます。
 それでも数打ちゃ当たる、とか言ったら宇賀神に大いに失礼だけど、こぼれ球を見事に得点して、元気の2点目も見事なリターンで演出した。
 寄せられて苦し紛れのキックをしてしまうのは、周囲のサポートが足りないのもあるかもしれません。

 元気の得点は見事でしたね。相手DFの裏に抜け出すという、今までの元気の動きではない得点でした。元気は間違いなく成長しています。
 マッチアップしたのが山村ってのも痺れた。気持ち良かった。
 ただし、もうちょっと守備をしてくれるといいんだけど……。

 後半も10分くらいまでは前半の流れを踏襲できていたけど、徐々に運動量が落ちて、いつの間にか鹿島のペースになってしまう。
 交代は大きな意味を持つけど、今回交代で出てきたデスポトビッチにしても達也にしても、あまり戦力にならなかったように思う。
 特にデスポトビッチはただ走るだけで、あれじゃプレスにならないような……。

 運動量を要求されるサッカーは、今の時期はきついですよね。
 手駒が無いのは承知の上だし、後半に失速する原因はミシャ監督もわかっているでしょう。でも、この原因はすぐには解決できないところが辛い。

 最後にレフェリングについて。
 こればっかりはジョルジーニョの言うとおり。本当になんとかしてほしい。今季の鹿島は被害を被ってますしね。

 でも、この試合ではイーブンだった。どちらに利するようなこともなくて、ただ下手くそなだけという身も蓋もない感想です。

 レフェリング能力の向上を望みます。

|

2012年8月 5日 (日)

[観戦記] 第20節 FC東京戦

Img_1330blog

浦和2-2FC東京

 そりゃ徳永はロンドンオリンピックで頑張ってる。
 でも、自慢なのかナンなのか知らないけど、自称エスプリの効いた東京サポに、試合に出場していない徳永コールとかされるとやっぱり腹が立つ(笑)。っていうかちょっとうらやましい(笑)。

 「代表なんて!」と思った時期が長かったけど、腹立たしいのは代表に偏重したマスコミの報道姿勢と協会の姿勢と代表の試合だけ騒ぐ人たちだと気がついてから、軽い気持ちで受容できるようになった。
 今回のオリンピックとかワールドカップとか見ていると、あの場に立ちたくない選手はいないよね。
 
 5月のアウェイの記憶もあって気分は上々。スタンドは空席が目立つけど、「ユルネバ」にブーイングして、久々のエジミウソンにブーイングして前半に2得点して、気持ち良く帰宅してオリンピックを見るはずだった。

 話の流れを切っちゃうけど、エジミウソン太ってたね。後半、超危険な石川に代わって出て来たけどまったく仕事にならず。東京の監督に感謝したいくらい。
 こっちのポポも自爆を繰り返していたけど……。

 この日のポイントは、サスペンドで欠場した柏木の穴をどう埋めるか。

 ミシャ監督が出した答えは、梅崎だった。

 浦和に入ってからは前目のサイドハーフしか見たことがなかったけど(っていうかケガが長くてあんまり見てない)、梅崎って大分時代はトップ下だったよね? もしかして正解?

 2点目、相手DF3人を引き連れてマルシオに正確なクロスを送ったときは良かった。
 最初はピッチから梅崎の戸惑いが伝わってくる感じだった。自分から必死に仕事を探しているのはわかったが、自分がやるべきことか否かについて戸惑い続けた感じ。
 あの位置が攻守に鈍重になると全体に影響がある。マルシオひとりでまかないきれるものじゃない。
 それでも、前半だけ見れば、選択肢のひとつとして最低限の結果は残せたと思う。

 後半はひどかった。ピッチに立つ全員から覇気が抜け落ちたように、いま一歩が出ない。前半の2得点で安心しちゃった? 権田なら止められていたんじゃない? 
 攻められっぱなし。原因は、中村北斗を入れてバックを3枚にして中盤を厚くし、ルーカスをトップに上げたことでしょうか。トップのルーカスがボールを収めてタメを作ってくれるので、長谷川や米本や石川あたりがどんどん上がってきちゃう。こっちはそいつらを捕まえ切れない。更に梶山が入って穴は広がる。

 たまに浦和がボールを奪っても足元へのパスが狙われて、まったくボールが前に運べない。前でタメを作れるヤツがいない。
 疲れもあったろうけど、2点を追いつかれる展開は見ているこちらも疲れる。
 
 加藤のフィードはなんとかならないか。加藤のフィードがダメで、せっかくのマイボールを失うこと数度。とうとうフィードミスからのスローインから同点にされてしまった。
 ここんとこ加藤は目立ちすぎ。

 目立つと言えば審判。審判にグダグダ言ってもどうしようもないんだけど、ひとことだけ言っておきたい。
 
 あれはハンドです。

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »