« [雑感] 第23節 清水戦 スカパー | トップページ | [観戦記] 天皇杯2回戦 ヴォルカ鹿児島戦 »

2012年9月 3日 (月)

[観戦記] 第24節 大宮戦

X2_e52cf78

浦和1-1大宮
 
 北のブーイングは凄まじかった。
 「やる気あんのか!」とか「○○足んねぇんだよ!」といった野次もたくさん飛んでいたと聞く。ダービーだから、仕方ない。しかも相手は10人だし17位だし……。浦和としては、大宮にきっちりと引導を渡さなければならなかった。
 でも、やる気があるから、前半の浦和はほぼ完ぺきな試合運びで大宮を圧倒することができたわけで…。ただ、追加点だけが奪えなかった。
 ゴールポスト&バーに3点も阻止されたら勝てる試合も勝てない。
 10人のチーム相手に同点にされてしまえば、あんな戦い方をされても仕方ない。相手は戦い方がわかりやすくなった。

 前半の浦和は追加点以外wwwは完ぺきだった。
 ベルデニックさんは即効性の無い監督だから、とツイッターで知り合いに呟いたけど、浦和をちゃんとスカウティングして来なかったのが見え見えだった。
 特にひどかったのが、右サイドバック。攻撃に転じた時、中に絞り過ぎるので梅崎がドフリーになることなること。

 浦和の攻撃は、内から外、外から内のリズムで崩していくパターンが多いので、相手サイドバックは細心の注意を払って、高く張り出したこちらのウィングバックに対応しなくちゃならない。
 しかし、そこが相当難しかったようで、内に振るとしっかり絞ってくれるのでおもしろいように梅崎にボールが入った。左はうまいこと調整していたので平川は停滞することが多かった。

 ただ、元気の得点は、フィードによる左サイドの崩しからではないのが興味深い。
 中央から永田が持ち上がって元気に渡るが奪われ更に奪い返して槙野へ。槙野は梅崎にボールを渡して上がる。しかし梅崎の選択は柏木。柏木からのボールを元気がヘディングで後ろのマルシオへ反らす。マルシオはそのボールをダイレクトで元気へ戻して、元気は冷静に隅を狙ってゴール。

 この一連の動きの中で一番光っていたのが、元気。
 もちろん、ゴールしたから当然なのだが、見逃せないのはその前。一度は永田へのパスを奪われたものの、相手を追いかけて後ろから見事に奪い返したシーンだ。
 痺れたよ、元気。熱狂した。
 本当に成長している。

 一瞬のスキを突かれた失点シーンなんだけど、あれは加藤の位置取りのミス。「浦研プラス」で島崎さんも書いていたとおりだと思う。もうちょっと左に位置をずらさなければならなかった。
 スカパーの映像がとてもわかりやすい。槙野が逃げたように見えたのは、カーブしたということなんだろう。
 大宮のシュートはあの東を含めて2本だけだから、本当に悔しい。加藤が一番悔しいだろうけど。

 今節のびっくりは、ポポの右サイドハーフ。
 時間が少なかったせいもあって、結構無難にこなしていたように見えた。苦肉の策だよね。台所事情が厳しい。

 今節のがっかりは、小島。
 スタジアムのあちこちから「前へ行けよ!!」と声がかかっていたとおり。キレイなパスを通そうとばっかり。しかも、そのパスが通らない。
 小島、もっと前に行っていいよ。もっとガツガツ行ってくれよ。

 後半、引きまくって引き分け狙い、カウンター一発狙いの大宮に対しなかなか崩せない。
 最近数試合のようにひどい形にはならなかったが、パスの精度が前半に比べて格段に落ちる。選手交代の妙味がない。
 今シーズンはこのまま耐えるしかないんだろうな。
 優勝とかおこがましい。

 今度の土曜日は、久しぶりに駒場だ。天皇杯初戦の相手は「ヴォルカ鹿児島」。
 駒場の天皇杯はあんまり良い思い出がないが、手抜きしないできっちり勝ってください。

|

« [雑感] 第23節 清水戦 スカパー | トップページ | [観戦記] 天皇杯2回戦 ヴォルカ鹿児島戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事