« [雑感] 第25節 横浜FM戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第27節 柏戦 BS »

2012年9月24日 (月)

[観戦記] 第26節 G大阪戦

Reds_2

浦和0-5G大阪

 スルーしてしまおうかと思ったんだが、気になることがあったので少しだけ。

 自分がボールを奪われたのに追わない。いつも献身的な運動量でピッチを駆け回っている選手だけに、かなり衝撃的だった。何かが切れたようだった。
 ボールを奪われることになったプレーが、相手のファウルだと言いたかったのかな? たぶん、それだけじゃなくて、この日の審判の判定すべてが原因かもしれない。それともちろん、自分たちの不甲斐なさも。
 ブチンと緊張の糸が切れた音が聞こえたような気がした。

 5点取られての敗戦という事実よりも、柏木のあのプレーに不安を覚えた。
 試合途中までは、選手を固定して戦ってきたツケが出ているんだと思っていた。クソ暑い夏を乗り切ったころに夏バテが出るというし。
 でも、柏木のあの苛立ちを見て、もっと別の原因があるんじゃないかと疑ってしまった。
 チームをバラバラにしてしまう爆弾をかかえているような……。深読み的はずしだと思いますけど。
 
 最近の浦和は、後半になると急に選手同士のコミュニケーションが悪くなって、キックの精度が落ちてパスがつながらなくなって、自滅していくような印象があった。
 ただの疲れだと思うけど、この日は、最初から試合後半をみているような感じだった。

 G大阪の選手が前線からプレッシャーをかけてくるから、最終ラインから上手くボールが出せない。出しても、元気やマルシオにボールが収まらずすぐに奪われてしまう。今野のハードマーク。
 中央を潰されたときは外へシフトチェンジする浦和だが、外へのボールもつながらない。相手のチェックが異様に早い。
 苦し紛れに加藤がロングキックを蹴るんだけど、今の浦和の前線にヘディングの得意な選手はいないから、どれもG大阪に奪われてしまう。

 何をやってもダメダメ。
 ルーズボールを悉くG大阪に拾われる。
 こうして徐々に集中力が切れて行く。

 今季ホーム最高の46046人も入った試合であんなことやっちゃうのが、芸風と言えば芸風なんだな。あらためて思い出した。
 得点できる気配さえないもんだから、試合終了15分も前からお客さんがじゃんじゃん帰っちゃう(笑)。
 とりえあず、思いっきりブーイングしてから帰りました。

 次節、右ストッパーに最初から阿部を起用してはどうでしょう。ボランチは啓太と柏木、2シャドーにマルシオと梅崎。両サイドは平川と宇賀神。
 リンクマン柏木はきついかもしれないけど、いままでも比較的啓太が自由にボールを持てる試合が多かったし。
 この日は阿部の出来も悪かったけど、そんな阿部でも坪井に変わって右サイドに入ると攻撃の幅が広がる。中央の守備が弱くなるからダメかな……。
 阿部があと2人いたらと思った試合だった。

追記:あちゃー。次節は啓太が出場停止だったんだ。

|

« [雑感] 第25節 横浜FM戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第27節 柏戦 BS »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事