« [観戦記] 第26節 G大阪戦 | トップページ | [観戦記] 第28節 札幌戦 »

2012年9月30日 (日)

[雑感] 第27節 柏戦 BS

柏1-2浦和

 ポポの劇的なゴールで勝利を収めた。
 テレビ画面は全体を映すことができない。転がるボールの先にゴールはありそうだがわからない。ゴールに吸い込まれるまでの時間が異様に長く感じた。
 定位置を元気に奪われて以降溜めた力を一気にぶつけたような戦いぶりだった。

 今朝のサンスポには「浦和・原口、またキレた」の文字。
 本当にブチ切れだった。怖いもので、テレビ画面は一部始終を全部映している。その後のベンチの元気までことある毎に映していた。
 交代までの自分のプレーとブチキレぶりをテレビ画面がどう映していたか、元気はビデオで確認すべきだ。
 逃げちゃダメだ。

 ガンバ戦のときも思ったけど、元気の受け方がワンパターン過ぎる。ワンタッチで散らすことしか念頭にない。
 え? 一度ボールを止めてキープしようとしてたの? 元気は、ボールも止められないの?www。

 元気にまったくボールが収まらないのを、素人のぼくですらわかっちゃうくらいだから、プロのサッカー選手がわからないわけがない。ガンバ戦で学習されてしまった。
 元気にボールが入りそうになると、二人三人と寄ってきてプレッシャーを与える。逸れるであろう元気のワンタッチを狙う。二度三度四度、何度やっても同じ結果しか出せない元気の交代はしかたない。あの交代に異を唱えるサポは少ないと思う。

 それどころか、あの交代が生み出す波及効果や意味合いを考えると、ミシャ監督最高の采配だった。たまたま結果が伴ったからでなくて、結果が出なくても英断だった。
 元気は、再び壁に当たったようだ。超えろ、元気! 自分の不甲斐なさにキレたんだよな?
 
 決勝点のシーンについて、ミシャ監督は「練習通り」と言ったらしい。
 50m近くロングスローした加藤も良かったが、それを受けて流した矢島もすばらしかった。
 
 この日は、前節のふがいない敗戦から一転90分間気迫溢れる戦いぶりを見せてもらった。中盤のボールの奪い合いは迫力があった。
 あのくらい球際を厳しく行くことができれば、結果はついてくるのかもしれない。
 ゲーム開始からしばらくは浦和のリズムが良かったが、度重なる元気のボールロストがリズムを悪くしてしまう。
 ポポに交代後は明らかにリズムがよくなって、梅崎の得点が生まれる。見事な反応だった。

 次節は、残念ながら降格が決まってしまった札幌が相手。
 こういう相手には心ならずも気持ちが緩んでしまうのが浦和の悪い癖だが、前半から飛ばしてきっちりと勝ち点3を手にして欲しい。
 絶対に取りこぼしてはいけない。

|

« [観戦記] 第26節 G大阪戦 | トップページ | [観戦記] 第28節 札幌戦 »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事