« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の5件の記事

2012年9月30日 (日)

[雑感] 第27節 柏戦 BS

柏1-2浦和

 ポポの劇的なゴールで勝利を収めた。
 テレビ画面は全体を映すことができない。転がるボールの先にゴールはありそうだがわからない。ゴールに吸い込まれるまでの時間が異様に長く感じた。
 定位置を元気に奪われて以降溜めた力を一気にぶつけたような戦いぶりだった。

 今朝のサンスポには「浦和・原口、またキレた」の文字。
 本当にブチ切れだった。怖いもので、テレビ画面は一部始終を全部映している。その後のベンチの元気までことある毎に映していた。
 交代までの自分のプレーとブチキレぶりをテレビ画面がどう映していたか、元気はビデオで確認すべきだ。
 逃げちゃダメだ。

 ガンバ戦のときも思ったけど、元気の受け方がワンパターン過ぎる。ワンタッチで散らすことしか念頭にない。
 え? 一度ボールを止めてキープしようとしてたの? 元気は、ボールも止められないの?www。

 元気にまったくボールが収まらないのを、素人のぼくですらわかっちゃうくらいだから、プロのサッカー選手がわからないわけがない。ガンバ戦で学習されてしまった。
 元気にボールが入りそうになると、二人三人と寄ってきてプレッシャーを与える。逸れるであろう元気のワンタッチを狙う。二度三度四度、何度やっても同じ結果しか出せない元気の交代はしかたない。あの交代に異を唱えるサポは少ないと思う。

 それどころか、あの交代が生み出す波及効果や意味合いを考えると、ミシャ監督最高の采配だった。たまたま結果が伴ったからでなくて、結果が出なくても英断だった。
 元気は、再び壁に当たったようだ。超えろ、元気! 自分の不甲斐なさにキレたんだよな?
 
 決勝点のシーンについて、ミシャ監督は「練習通り」と言ったらしい。
 50m近くロングスローした加藤も良かったが、それを受けて流した矢島もすばらしかった。
 
 この日は、前節のふがいない敗戦から一転90分間気迫溢れる戦いぶりを見せてもらった。中盤のボールの奪い合いは迫力があった。
 あのくらい球際を厳しく行くことができれば、結果はついてくるのかもしれない。
 ゲーム開始からしばらくは浦和のリズムが良かったが、度重なる元気のボールロストがリズムを悪くしてしまう。
 ポポに交代後は明らかにリズムがよくなって、梅崎の得点が生まれる。見事な反応だった。

 次節は、残念ながら降格が決まってしまった札幌が相手。
 こういう相手には心ならずも気持ちが緩んでしまうのが浦和の悪い癖だが、前半から飛ばしてきっちりと勝ち点3を手にして欲しい。
 絶対に取りこぼしてはいけない。

|

2012年9月24日 (月)

[観戦記] 第26節 G大阪戦

Reds_2

浦和0-5G大阪

 スルーしてしまおうかと思ったんだが、気になることがあったので少しだけ。

 自分がボールを奪われたのに追わない。いつも献身的な運動量でピッチを駆け回っている選手だけに、かなり衝撃的だった。何かが切れたようだった。
 ボールを奪われることになったプレーが、相手のファウルだと言いたかったのかな? たぶん、それだけじゃなくて、この日の審判の判定すべてが原因かもしれない。それともちろん、自分たちの不甲斐なさも。
 ブチンと緊張の糸が切れた音が聞こえたような気がした。

 5点取られての敗戦という事実よりも、柏木のあのプレーに不安を覚えた。
 試合途中までは、選手を固定して戦ってきたツケが出ているんだと思っていた。クソ暑い夏を乗り切ったころに夏バテが出るというし。
 でも、柏木のあの苛立ちを見て、もっと別の原因があるんじゃないかと疑ってしまった。
 チームをバラバラにしてしまう爆弾をかかえているような……。深読み的はずしだと思いますけど。
 
 最近の浦和は、後半になると急に選手同士のコミュニケーションが悪くなって、キックの精度が落ちてパスがつながらなくなって、自滅していくような印象があった。
 ただの疲れだと思うけど、この日は、最初から試合後半をみているような感じだった。

 G大阪の選手が前線からプレッシャーをかけてくるから、最終ラインから上手くボールが出せない。出しても、元気やマルシオにボールが収まらずすぐに奪われてしまう。今野のハードマーク。
 中央を潰されたときは外へシフトチェンジする浦和だが、外へのボールもつながらない。相手のチェックが異様に早い。
 苦し紛れに加藤がロングキックを蹴るんだけど、今の浦和の前線にヘディングの得意な選手はいないから、どれもG大阪に奪われてしまう。

 何をやってもダメダメ。
 ルーズボールを悉くG大阪に拾われる。
 こうして徐々に集中力が切れて行く。

 今季ホーム最高の46046人も入った試合であんなことやっちゃうのが、芸風と言えば芸風なんだな。あらためて思い出した。
 得点できる気配さえないもんだから、試合終了15分も前からお客さんがじゃんじゃん帰っちゃう(笑)。
 とりえあず、思いっきりブーイングしてから帰りました。

 次節、右ストッパーに最初から阿部を起用してはどうでしょう。ボランチは啓太と柏木、2シャドーにマルシオと梅崎。両サイドは平川と宇賀神。
 リンクマン柏木はきついかもしれないけど、いままでも比較的啓太が自由にボールを持てる試合が多かったし。
 この日は阿部の出来も悪かったけど、そんな阿部でも坪井に変わって右サイドに入ると攻撃の幅が広がる。中央の守備が弱くなるからダメかな……。
 阿部があと2人いたらと思った試合だった。

追記:あちゃー。次節は啓太が出場停止だったんだ。

|

2012年9月18日 (火)

[雑感] 第25節 横浜FM戦 スカパー

横浜FM1-2浦和

 時期を逸してしまった感があるので、覚書程度に。

 一点目は今季五指に入るビューティフルゴールかも。
 18→22→20→24→20→8→20→8 ゴール!と、ワンタッチで流れるようなパスが通ったシーンは圧巻だった。
 ミシャ監督が常に言っているパスアンドゴーを実践した槙野と柏木は、当たり前のプレーと言うかもしれないが、賞賛に値すると思う。
 キーパーからのボールが一直線にゴールに吸い込まれるシーンなんて、そうそうあるもんじゃありません。この日スタジアムにいた人はラッキーだった。行かなくてごめんなさい。

 スカパーを見てわかったのが、解説の北沢と名波は浦和の試合をほとんど見ていないということ。
 何かにつけて「攻撃的な浦和」とおっしゃる。でも、浦和に攻撃力が不足しているのは誰でも知っていることで(笑)。攻撃力というかフィニッシャーの不在といった方が正しいか。
 25節終了時点での浦和の総得点数35点は7位に過ぎません。24節まで遡ればもっと下だったかも。それでも3位につけていられるのは守備の力によるものです。

 全体を通してホームの横浜寄りの解説はわからなくもないが、的外れな指摘が多くて情けなくなった。特に北沢。金もらってやってんだから、勉強しようぜ。
 両サイドの交代なんて、浦和を見ていれば既定路線だとわかるはず。

 元気は成長曲線に乗っている。緩急のつけ方とか裏への飛び出し方とかポストプレーとか、かなりサマになってきた。
 そんな元気の飛び出しから二点目が生まれる。
 すごいよ、槙野。あんなところにいらっしゃるなんて。

 最後は、天皇杯で無様なプレーを見せてしまった濱田にリベンジの機会を与える配慮を見せたミシャ監督。
 レギュラー固定のリスクは一番わかっているはずですから。
 濱田よ、早いとこ坪井からポジションを奪ってしまえ!

 この試合ではゲーム中の自己修正力みたいなのが垣間見えた。
 興味深いです。

|

2012年9月10日 (月)

[観戦記] 天皇杯2回戦 ヴォルカ鹿児島戦

Reds_0907

浦和2-1鹿児島

 いきなり名指しで申し訳ないけど、濱田はいったいどうしちゃったんだろう。
 せっかくのチャンスをなんで自分から潰すかな。
 場合によっては坪井からポジションを奪うことだって夢じゃないのに、自滅を繰り返して前半で交代させられてしまった。

 暑さも辛かったろうけど、それ以前に何かメンタル面の弱さみたいなのが見えてしまった。どこか委縮したように感じたのは、久々の試合だったからだけではないかも? 
 とても残念。

 鹿児島のカウンターをくらって失点してしまったシーンは、上がってガラ空きにしてしまった濱田の右サイドを易々と突破された結果だから、以後のプレーに影響があったのもわからなくはありません。
 確かに上がるか残るかの判断はとても難しくて、運動量が要求される事態が起こることが怖いのもよくわかります。
 しかし、スタンドから見ても明らかなチャンスに迷い続ける濱田…。奮起して欲しい。

 この際だから書いてしまいます。不動のレギュラー陣の中でも坪井のプレーは当初から物足りなかった。
 ボール保持が不安定でキックもヘディングも不安定で判断も遅い。何をいまさら、とはまったくその通りです。守備の安定感は抜群なんだけど、攻撃に転じるとすっかり色あせてしまいます。

 左サイドを梅崎と槙野が連動して仕掛けるのに対し、自然と右サイドは平川個人で仕掛けることが多くなってしまう。
 もちろん、こんなことはプロである本人は当然わかっていて、右サイドをドリブルで上がるシーンもかなり見られるようになりました。
 それでも全然物足りない。右サイドでも左と同じように仕掛けることができたら……。誰もが思う夢想の答えをこの試合で垣間見ることができました。

 それが、濱田と達也を下げて右ストッパーに阿部を持っていくという今季初の布陣で見えたのが皮肉というか必然というか。
 阿部の右サイドストッパー。もったいないような気がしたけど、後半安定したのは交代の力が大きい。
 全員守備全員攻撃のサッカーはワクワクしますね。どこからでも仕掛けられる。
 改めて、阿部は浦和の宝ですね。

 二人交代した後半は安心して見ていられた。
 レギュラーと控えに相当な差がついてしまうのは、連携面でどうしようも無いことかもしれません。これははっきりミシャ監督システムの罪でしょう。
 浦和はプレッシャーの多いチームだから、勝ちにこだわっているのは良いことだと思います。
 でも、このままだと、来期がとてつもなく不安です。

 控え組におかしな空気が蔓延しているような気がしてしょうがないんだけど、気のせいだよね? 

|

2012年9月 3日 (月)

[観戦記] 第24節 大宮戦

X2_e52cf78

浦和1-1大宮
 
 北のブーイングは凄まじかった。
 「やる気あんのか!」とか「○○足んねぇんだよ!」といった野次もたくさん飛んでいたと聞く。ダービーだから、仕方ない。しかも相手は10人だし17位だし……。浦和としては、大宮にきっちりと引導を渡さなければならなかった。
 でも、やる気があるから、前半の浦和はほぼ完ぺきな試合運びで大宮を圧倒することができたわけで…。ただ、追加点だけが奪えなかった。
 ゴールポスト&バーに3点も阻止されたら勝てる試合も勝てない。
 10人のチーム相手に同点にされてしまえば、あんな戦い方をされても仕方ない。相手は戦い方がわかりやすくなった。

 前半の浦和は追加点以外wwwは完ぺきだった。
 ベルデニックさんは即効性の無い監督だから、とツイッターで知り合いに呟いたけど、浦和をちゃんとスカウティングして来なかったのが見え見えだった。
 特にひどかったのが、右サイドバック。攻撃に転じた時、中に絞り過ぎるので梅崎がドフリーになることなること。

 浦和の攻撃は、内から外、外から内のリズムで崩していくパターンが多いので、相手サイドバックは細心の注意を払って、高く張り出したこちらのウィングバックに対応しなくちゃならない。
 しかし、そこが相当難しかったようで、内に振るとしっかり絞ってくれるのでおもしろいように梅崎にボールが入った。左はうまいこと調整していたので平川は停滞することが多かった。

 ただ、元気の得点は、フィードによる左サイドの崩しからではないのが興味深い。
 中央から永田が持ち上がって元気に渡るが奪われ更に奪い返して槙野へ。槙野は梅崎にボールを渡して上がる。しかし梅崎の選択は柏木。柏木からのボールを元気がヘディングで後ろのマルシオへ反らす。マルシオはそのボールをダイレクトで元気へ戻して、元気は冷静に隅を狙ってゴール。

 この一連の動きの中で一番光っていたのが、元気。
 もちろん、ゴールしたから当然なのだが、見逃せないのはその前。一度は永田へのパスを奪われたものの、相手を追いかけて後ろから見事に奪い返したシーンだ。
 痺れたよ、元気。熱狂した。
 本当に成長している。

 一瞬のスキを突かれた失点シーンなんだけど、あれは加藤の位置取りのミス。「浦研プラス」で島崎さんも書いていたとおりだと思う。もうちょっと左に位置をずらさなければならなかった。
 スカパーの映像がとてもわかりやすい。槙野が逃げたように見えたのは、カーブしたということなんだろう。
 大宮のシュートはあの東を含めて2本だけだから、本当に悔しい。加藤が一番悔しいだろうけど。

 今節のびっくりは、ポポの右サイドハーフ。
 時間が少なかったせいもあって、結構無難にこなしていたように見えた。苦肉の策だよね。台所事情が厳しい。

 今節のがっかりは、小島。
 スタジアムのあちこちから「前へ行けよ!!」と声がかかっていたとおり。キレイなパスを通そうとばっかり。しかも、そのパスが通らない。
 小島、もっと前に行っていいよ。もっとガツガツ行ってくれよ。

 後半、引きまくって引き分け狙い、カウンター一発狙いの大宮に対しなかなか崩せない。
 最近数試合のようにひどい形にはならなかったが、パスの精度が前半に比べて格段に落ちる。選手交代の妙味がない。
 今シーズンはこのまま耐えるしかないんだろうな。
 優勝とかおこがましい。

 今度の土曜日は、久しぶりに駒場だ。天皇杯初戦の相手は「ヴォルカ鹿児島」。
 駒場の天皇杯はあんまり良い思い出がないが、手抜きしないできっちり勝ってください。

|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »