« [雑感] 第29節 仙台戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第31節 川崎戦 テレビ »

2012年10月29日 (月)

[観戦記] 第30節 C大阪戦

Urawavsosaka

浦和0-0C大阪

 数え切れない得点機会を決めることができず、途中からあからさまな引き分け狙いに出た相手の思い通りに引き分けてしまった点は非常に悔しいが、それ以外は浦和にとって悪い試合ではなかったと思う。
 勝てる試合を引き分けてしまったことがすべて、と言われればまったくその通り。
 でも、ここ数試合の戦いぶりから比べれば本当に良く戦っていたのでそんなふうに思ってしまった。
 後半に限ってだけど(笑)。

 前半はセレッソの守備がコンパクトで固いのも手伝って、浦和は有効な攻撃ができなかった。
 相手の守備が固い、というよりもこちらの勇気不足というかアイディア不足というか…。特に平川不在のため右に回った梅崎に変わって左に入った宇賀神がまったく勝負してくれない。
 セレッソの最終ラインは4枚だったり5枚だったりしたが、どちらにしてもサイドへの寄せが早かった。
 右サイドの梅崎は何度か突破を見せていたが、右サイドには槙野のように連動して攻撃できる相手がいないので、いずれも単騎突破しては潰されるの繰り返し。

 この日は浦和も前半から非常に出足が早かったので、セレッソの攻撃もほとんど形にならなかった。
 浦和は、中盤の底あたりでのボール奪取が徹底されていたようで、かなりハードに相手を潰していた。こんなレッズを見るのは今季初めてかもしれない。
 ただし、ボール奪取からの展開が良くない。なぜか焦って不正確なクロスや安易な縦パスを送ってチャンスを潰してしまう、一人だけ前線に侵入してサポートがなかなか来ない……。
 密集が苦手(に見える)元気は茂庭に何もさせてもらえない。

 ところが、後半になるとセレッソの攻めや疲れもあってか、中盤に少しずつスペースが生まれるようになってくる。
 前半から引き続き中盤の激しいチェイスで奪ったボールが、少しずつつながるようになってくる。そんな中で何度もビッグチャンスが生まれた。しかし、決められない。
 セレッソも何度かビッグチャンスがあった。
 柿谷との一対一を止めた加藤はすばらしかった。失点を覚悟したよね。

 ツキが無かったとかサッカーはこんな日もある、とか言えばそれまで。元気のあのトラップ下手はなんとかならないか? もっともっと練習しなくちゃダメだよね…。
 それでも、この日の元気はいつにも増して意欲に溢れていた。よかったよ。得点できたらもっと良かった。
 週が明けて「浦和、甲府のダヴィ獲得か?」なんてニュースが舞い込んできた。
 元気よ、腐るな。ミシャ監督のサッカーは元気にとって本当に辛いと思うが、腐らず前を向いてやってほしい。
 でも、浦和に得点力が不足しているのは誰でもわかっていること。夏に強力なFWを補強していたらもしかしたら……、のシーズンだっただけにフロントの決断を見守りたいところ。

 最後に、今節のサプライズは山田暢久。
 ずっと「暢久右ストッパー」を唱えてきたけど、もちろんセンターだってできるのは折り込み済み。永田負傷で、もしかしたら濱田の出番かと思ったけど、ミシャ監督もさすがにそこまでの博打を打つ余裕はなかった。
 暢久のリベロはすばらしかった。鉄壁のディフェンスと的確なフィード。後半有利な展開に持ち込めたのも、山田の活躍が大きかったように思う。

 永田のケガがどの程度か不明だけど、川崎戦ももしかしたら?
 もし永田が復帰できたら、思い切って坪井をはずして右に山田暢久はどうですか?>ミシャ監督。また言ってるんだけど(笑)。
 この日の坪井はいつにも増して不安定だった。このままスタメンで使い続けるには不安すぎます。

 リーグ戦も残すところ4試合。浦和は、果たしてACL圏内にとどまることができるか。
 正直言えば、今季のような陣容でACLなんて行ったら来季は一躍降格候補なので、できれば回避して欲しいと思ってしまう。
 これって、サポの風上にもおけませんか?

|

« [雑感] 第29節 仙台戦 スカパー | トップページ | [雑感] 第31節 川崎戦 テレビ »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事