« [観戦記] 第28節 札幌戦 | トップページ | [雑感] 第29節 仙台戦 スカパー »

2012年10月11日 (木)

[雑感] 天皇杯3回戦 カマタマーレ讃岐戦 BS

浦和2-1讃岐

 現状の浦和への対策は確立されてしまったようです。
 プライドを捨てさえすればどのチームでも可能な戦術なので、今後下位のチームは讃岐や先日の札幌みたいな戦術をとってくることでしょう。
 まったく埼スタの札幌戦を見ているようだった。唯一違ったのは中盤の構成くらい。

 讃岐の5バックが浦和の1トップ2シャドーと両サイドにベタ付きして、まったく自由にさせてもらえない。
 その上、讃岐の中盤は俊敏で出足が早いので、浦和のユルユルパスや不用意パスや苦し紛れのパスをカットすることすること。
 疲労からだと思うけど、浦和の選手たちはパスの精度が低くて、それも相手に利する結果になってしまった。

 途中まではBSでしゃべりまくる早野の解説と実況にカリカリしていた。
 でも、徐々に早野に同調してしまい、最後には早野が繰り出したベタベタなダジャレに不意を突かれて笑ってしまう始末。まったく浦和サポの風上にも置けない。申し訳ない。

 唯一の救いは、控えで出てきた選手たちが活躍したこと。
 1点目は、暢久→槙野→矢島が得点!
 2点目は、小島→ポポが得点!
 見ようによっては、ミシャ監督の采配が当たったとも見えるけど、やっぱり少しずつ先発を再考する時期が来ているんだと思う。

 特に暢久が良かったように見えた。昨日の戦いぶりを見て妄想しているのは、暢久の右ストッパー。
 元々ディフェンスが得意でサイドを主戦場にしてきた選手だから、平川の気持ちもわかるだろうし、坪井ではなかなかできなかった平川と連動した攻撃が可能になるかもしれない。
 阿部の右ストッパーは、やっぱりちょっともったいない。

 元気が今回ぶち当たっている壁はいままで以上に分厚く高いようです。
 仙台戦で先発を外されても逆上しないように……。
 がんばれ、元気。

|

« [観戦記] 第28節 札幌戦 | トップページ | [雑感] 第29節 仙台戦 スカパー »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事