« [雑感] 第31節 川崎戦 テレビ | トップページ | [雑感] 第33節 鳥栖戦 スカパー »

2012年11月18日 (日)

[観戦記] 第32節 広島戦

20121117img_1603

浦和2-0広島

 首位広島を封じ込めて勝ったという結果だけでなく、今季初めて見せた前線からのプレスや守備の連動性等を見ても今季最高の出来だったと思う。
 守備面は完璧といっても良かった。
 攻撃面では不満はありますが、現時点ではあれで納得するしかありません。

 MOMは公式では梅崎でした。でも、個人的には啓太だと思う。
 一点目のアシストはすばらしかった。今季の啓太はキックが上手くなって、気の利いたサイドチェンジやスルーパスを出せるようになってはいたけど、この日のパスはその集大成だった。パススピード、狙いどころ、どこをとっても完璧だった。
 守備にまわっても的確な読みや果敢なボール奪取で何度もチームを救っていました。

 啓太が奪った二点目は珍しい形でした。啓太も「え? オレ行っちゃって良いの?」みたいな(笑)。相手もまさか啓太がここまで来るとは思っていなかったみたいなwww。
 ドリブルで持ち上がるとき「スルスル」という表現をよく使うけど、この日の啓太は「ヌルヌル」みたいな感じ(笑)。
 千葉の不用意なタックルを悠々とかわして、左右に待ち構えるDFがお見合いをしているうちにヌルヌルっと上がって、狙い澄ましてゴールを決めてしまった。

 もうひとりの守備の貢献者は、坪井。
 この日の坪井はすばらしかった。いままで何度も何度も「坪井が穴」と書いてきたけど、今日ばかりは謝罪したい気分。
 高萩にしっかりと張り付いて危険な場面で何度も何度もパスカットしてくれた。囲んだ相手からボールを奪ってくれた。スッポンマークがウリだった全盛時を彷彿とさせるパフォーマンスでした。
 その上、この十数年で初めて見せた?的確なクロス!!
 マルシオの頭にドンピシャで合って、あわや得点かというシーンだった。残念ながら西川に止められたけど。点数をつけたら7.0くらい。

 坪井らの守備陣がボール奪取を狙いやすかったのは、広島が攻撃に移ったときの運動量が少ないことが原因だと思う、たぶん。
 レッズでもよくあるんだけど、この日に限って広島の選手は動いている選手が少ないので、自然とボールは足下へ運ぶしかなくなる。そうなるとこちらの守備者は狙いどころをしっかりと絞れるわけです。
 この日の坪井の動きはまさにそんな感じだった。

 前線からのチェックも効いていました。今季初めて見ましたよね。これがものすごく効いていた。一度はマルシオが奪って梅崎が決定的なチャンス……。西川に止められたけど……。
 前線からのチェックは、時間稼ぎができるからバックラインを高く保つことにも有益なのはご承知の通り。前線で時間稼ぎをしてくれている間に、暢久が上手くバックラインを上げるわけです。
 ただし、佐藤寿人にとってスペースはごちそう。だから、不用意には上げられない。この点の暢久はお見事でした。

 浦和の最終ラインはほとんどマンマークでしたね。
 特に暢久は佐藤寿人に張り付いてほとんど仕事をさせなかった。
 サイドでは宇賀神がミキッチを完璧に抑えるすばらしい働きを見せてくれました。

 攻撃面の不満は、前線で飛び出す選手がいないこと。
 最終ラインを高めに保つ広島に対し、中盤で上手くマイボールにできてもスペースに走り込んでいく選手がいない。特に元気ですよね。
 元気は何度かバックラインの後ろへ走り出したけど、2度?3度?オフサイドにつかまってしまってチャレンジをやめちゃった。
 ダメだよ、続けなくちゃ。

 残りは鳥栖と名古屋だね。
 しっかりと勝利をものにして、来季につなげよう。

|

« [雑感] 第31節 川崎戦 テレビ | トップページ | [雑感] 第33節 鳥栖戦 スカパー »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事