« [観戦記] 第32節 広島戦 | トップページ | We are Diamonds »

2012年11月26日 (月)

[雑感] 第33節 鳥栖戦 スカパー

鳥栖3-1浦和

 完敗。
 前節あれだけ良い試合をして首位に完勝することが出来たのに、相手によってこんな落差になってしまう。
 これが浦和の現実です。
 
 負け惜しみを言うなら、前節に続いて柏木の不在に加えて今節はサスペンドで槙野まで欠いてしまったことが非常に痛かった。
 誰が出てもシステマティックに戦うミシャ監督のサッカーだけど、戦術理解度と個人の能力に差があるのは当然です。

 引き気味の相手を崩すのがたいへんなのは、浦和だけの問題じゃありません。1トップ2シャドー+両翼の5枚に加わる6枚目7枚目としての槙野の存在感は絶大です。
 メンタル面でも味方を鼓舞する槙野の存在は大きい。

 ディフェンス力は弱いと言われている槙野ですが、この日変わって入ったバックの選手たちが悉く失点に絡んでしまったのは、残念としか言いようがない。
 槙野と同等のプレーを期待するのが無理なんでしょうかねぇ………。
 いろんなところから、「槙野は来季も浦和らしい」と聞こえてきて嬉しい。早く決定の報が欲しい所です。

 この日ディフェンス以上に決定的に足りないと思ったのは(この日だけじゃないけど…)、ゴールに向かって行く選手が少ないことです。
 スカパーの解説陣にもしきりに言われていたとおり。
 せっかく中盤でボールを奪っても、中央で前線に走り出す選手がいないからスピード感に欠けて、相手に脅威も与えない。

 前線に飛び出す役目は、元気、マルシオ、梅崎? サイドで平川、宇賀神。前線にボールを供給するのは、阿部、啓太、ダブるけどマルシオ、元気、梅崎? 
 もちろん、ピッチに立ったみんながどちらの役目もできることが理想。

 こうして見ると、飛び出すのが得意な選手がいない。マルシオにしろ梅崎にしろパスを供給する側のタイプですよね。
 そんな中、梅崎はよくやってる。きっとサッカー頭の良い選手なのでしょう。
 で、元気に不満が残るといういつもの思考パターン……。

 翌日曜日「広島の森脇、浦和へ移籍が決定的」というニュースが舞い込んできました。「決定的」ってどうこうことなんでしょうね(笑)。
 事実なら朗報には違いありませんが、そのポジションは一番の補強ポイントじゃありません。
 一番のポイントは、この日の豊田みたいにマークされていても決め切ってしまうFWだということは誰もがわかっているはず……。

|

« [観戦記] 第32節 広島戦 | トップページ | We are Diamonds »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事