« [雑感] 第1節 広島戦 NHK&スカパー | トップページ | [雑感] ACL グループリーグ ムアントン戦 日テレ »

2013年3月10日 (日)

[観戦記] 第2節 名古屋戦

800img_2067

浦和1-0名古屋

 興梠は、開幕戦で広島に勝利したあと「シュートゼロかぁ」と言ったそうだけど、今節もゼロだったwww。
 確かにフォワードとしては物足りないかもしれない。でも、全然気にすることない。その興梠が前線でものすごく効いているんだから。興梠のお陰で連勝できたんだから。

 ワンタッチのポスト、相手を背負ってのポスト、ゴールを背に受けたボールをフリックして後ろに逸らす、すぐさま反転して相手を交わしてゴールに向かう、ヘディングも強く身体能力も高くドリブルもできる。その上視野も広い。ボールキープ力まである。
 味方としてまじまじと見たのは初めてだけど、ミシャ監督が必要とするFWだというのがよくわかった。

 悔しいけれど、鹿島に脈々と受け継がれたFWの血筋みたいなモノを感じてしまった。悔しいけれど。わかりやすく書くと、柳沢みたいな。
 興梠のこれからの課題は、自分でシュートを打つことかな。本人はそんなこと一億も承知だろうけど。
 今節もチャンスは何度かあった。でも、打たずにもっともっとベストな選択を探していた。遠慮することないよ。チャンスは必ず巡って来るから、ズドンと決めちゃってください。

 アシストは、宇賀神と目が合ったんだとか。
 名古屋のDFは興梠にまったくプレッシャーをかけていなかったから、ワンタッチで易々と最高のスルーパスを出すことができてしまったww。

 フィードを受けて周りを探すシーンが何度かあったけど、そういう時は単身突破しても構わない。味方の上がりを待っているとチャンスが潰れてしまうから。
 もっと積極的に行っちゃってください。
 悔しいけれど、とか何度も書いて申しわけない。興梠は立派な浦和の男だ。本当に良い補強だった。
 
 スコアこそ1-0だけど、それ以上の力の差を感じたかもしれない。浦和が強いというよりも、名古屋が弱いというか…。
 昨年最終節の教訓を活かしてか、名古屋は前半当初から激しいフォアチェックをかけてきた。これによって、浦和得意の後方からのビルドアップが封じられ、なかなか良いところにボールが出せない。
 なんとか前に運ぶことができても激しいチェックで潰されてしまう。
 中盤で激しいボールの奪い合いがあって、前半当初は見応えがあった。

 しかし、名古屋のプレスに慣れたのか、徐々に浦和がペースを握り始める。
 名古屋の攻撃は右(浦和の左)に偏重気味なので、なかなか宇賀神と槙野にチャンスが訪れないんだけど、徐々に宇賀神が上がるシーンが目立って、槙野と良い連携を見せてくれた。
 こういうときに右サイドから展開できると強いんだろうけど、浦和の右サイドは森脇と梅崎の連携がまだ構築されていないようで、ちょっとギクシャクしていましたね。

 後半になると名古屋は疲れたのか更にプレスがルーズに。
 そんな時に、宇賀神が見事な得点を決めてくれた。良いゴールだった。

 この試合で、一番注目して見ていたのが興梠。
 次いで元気だった。元気も成長していたね。
 特に前半9分に見せた突進がすばらしかった。屈強な相手DFと肩をぶつけながら長駆のドリブルは痺れた。それだけでなく、中盤の底にまで戻ってのディフェンス。
 シャドーは合っているみたいですね。今季は期待できそう。

 気がかりは柏木。
 悪い時のクセで球離れが遅い。更に判断も遅いので、ボールロストが多く味方とも噛み合っていない。一人蚊帳の外の印象。心配です。

 入場は52,293人だった。
 昨シーズンのホーム開幕戦は、41,069人だったから1万人以上増えた計算になる。
 スタンドが隙間無く埋まってこそ映えるコレオグラフィもバッチリ決まって、チームは15年ぶりの開幕2連勝。
 最高のスタートを切ることできた。

 この結果に安住することなく更に上を目指して欲しい。
 チームもフロントも。

|

« [雑感] 第1節 広島戦 NHK&スカパー | トップページ | [雑感] ACL グループリーグ ムアントン戦 日テレ »

観戦記:浦和レッズ」カテゴリの記事